ムラサキサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムラサキサギ
ムラサキサギ
ムラサキサギ Ardea purpurea
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
亜科 : サギ亜科 Ardeinae
: アオサギ属 Ardea
: ムラサキサギ A. purpurea
学名
Ardea purpurea Linnaeus, 1766
和名
ムラサキサギ
英名
Purple heron

ムラサキサギ(紫鷺、Ardea purpurea)は、動物界脊索動物門鳥綱コウノトリ目サギ科アオサギ属に分類される鳥類。

分布[編集]

アフリカ大陸ユーラシア大陸インドネシア西部、シンガポールスリランカ日本マダガスカル

夏季にユーラシア大陸西部、中華人民共和国北東部などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸などへ南下し越冬する。ユーラシア大陸南部、マダガスカルなどでは周年生息する。日本では、亜種ムラサキサギが八重山列島に周年生息する(留鳥)が少ない。西表島石垣島で繁殖記録がある他、2003年には池間島池間湿原で繁殖が記録された[1]。また、中華人民共和国北東部などで繁殖すると考えられるものが、春・秋の渡りの時期に、主に西日本で見られることがある。

形態[編集]

全長78-90cm。翼開張120-170cm。体重0.5-1.2kg。頭頂から後頭は黒い羽毛で被われ、後頭の羽毛2枚が伸長(冠羽)する。顔や頸部、胸部は褐色の羽毛で被われ、顔から頸部にかけて黒い筋模様が入る。頸部上面や胴体上面は灰黒色の羽毛で被われる。また青みがかった灰色や赤褐色の長い羽毛が混じり、紫みを帯びる。体側面や脛は紫がかった赤褐色の羽毛で被われる。種小名purpureaは「紫の」の意で、和名や英名と同義。腹部や尾羽基部下面(下尾筒)は黒い羽毛で被われる。雨覆の色彩は灰褐色で、初列雨覆や風切羽上面の色彩は灰黒色。

嘴は細長い。嘴の色彩は黄褐色で、上嘴は黒い。後肢はやや短い。後肢の色彩は黄褐色で、趾上面は黒い。

卵は長径約5.7cm、短径約4.1cm。幼鳥は全身が黄褐色や赤褐色の羽毛で覆われる。後頭に冠羽が伸長せず、顔から頸部にかけて入る筋模様が不明瞭。

分類[編集]

3亜種に分かれる。

  • Ardea purpurea purpurea Linnaeus, 1766 -
  • Ardea purpurea madagascariensis
  • Ardea purpurea manilensis ムラサキサギ 

生態[編集]

河川湿原干潟マングローブ林、水田などに生息する。群れは形成せず、単独で生活する。薄明薄暮性

食性は動物食で、魚類両生類、小型爬虫類、小型鳥類、小型哺乳類軟体動物甲殻類クモ昆虫などを食べる。

繁殖形態は卵生。単独で営巣することも、同科他種も含めた集団繁殖地(コロニー)を形成する事もある。水辺や湿地のアシ原や地上にヨシなどを積み上げた塚状の巣を雌雄共同で作る(樹上に営巣した例もある)。台湾では4月に1個ずつ2-3日の間隔を空けて計2-5個の卵を産む。翌年の繁殖時には、同じ巣を使わない。雌雄交代で抱卵(メスが抱卵する事が多い)し、抱卵期間は24-30日。育雛は雌雄共同で行う。雛は孵化してから45-55日で巣立つ。生後1年で性成熟する。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ムラサキサギ せっせと子育て/平良市の池間湿原 琉球新報 2003年6月16日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ムラサキサギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類