ベニコンゴウインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニコンゴウインコ
Ara chloropterus pair.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
: コンゴウインコ属 Ara
: ベニコンゴウインコ
A. chloropterus
学名
Ara chloropterus
和名
ベニコンゴウインコ
英名
Green-Winged Macaw

ベニコンゴウインコ(学名:Ara chloropterus、英名:Green-winged Macaw または Red-and-green Macaw)は、オウム目インコ科に分類される鳥類の一種。

その赤を主とした羽毛の色彩からしばしばコンゴウインコAra macao)と取り違えられる。 ベニコンゴウインコの胸も明るい赤だが、翼の下部の羽根は緑である。さらにベニコンゴウインコは、コンゴウインコでは裸の皮膚である目の回りに、小さな羽根の列によって形作られる特徴的な赤いラインを持つ。大型のコンゴウインコの仲間では最もポピュラーな存在で、最大のコンゴウインコ属(Ara genus)の鳥であり、南アメリカ北部の森林に広く分布している。しかし他の種類のコンゴウインコ同様に、居住環境の破壊とペット取引のための違法な捕獲によって著しい個体数の減少が近年続いている。

解説[編集]

コンゴウインコは一見ベニコンゴウインコに似ているが、目の回りのラインが無く、両方の翼に黄色い縞が入っている。コンゴウインコ属の飼い主や専門家の中にはベニコンゴウインコのことを”優しい巨人”と呼ぶものもある。コンゴウインコやルリコンゴウインコよりも大きな体にも関わらず、これらのより一般的な種類の鳥よりも、ペットとしてより望まれるおとなしい性質を備えているからである。ベニコンゴウインコは大きさにおいてスミレコンゴウインコ(Hyacinth Macaw)に劣るだけで、コンゴウインコ属では最大の鳥である。その翼長は125cmにまで達することがあり、体長は100cmにまで達する。健康な成体の体重は1,250gから1,700g前後である。彼らの飼育下における平均的な寿命はおよそ50年から60年であるが、80年以上生きた個体が確認されており、100年以上生きると主張する人々もいる。

強力な嘴[編集]

ベニコンゴウインコは非常に強力な嘴をしており、14MPa(2000psi)もの圧力を生み出すことができる。そしてこの嘴で箒の柄をまっぷたつにすることができる[1]。この強力な嘴は最も固いナッツや種ですら砕いたり割ったりすることができるように作られている。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

メディア[編集]

ベニコンゴウインコのビデオ ディズニーのアニマルキングダムにて

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

参照[編集]

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「ベニコンゴウインコ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類