アカネズミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカネズミ
Apodemus speciosus1.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
: ネズミ科 Muridae
: アカネズミ属 Apodemus
: アカネズミ A. speciosus
学名
Apodemus speciosus
(Temminck, 1844)
和名
アカネズミ
英名
Large Japanese field mouse

アカネズミ(赤鼠、Apodemus speciosus)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 アカネズミ属 に属する小型のネズミ類の1種である。日本固有種であり、北海道から九州までの全域に分布している。


形態[編集]

体色は口吻から尾の先端まで背側は橙褐色、 腹側は白である。頭胴長は80-140mm、尾長は70-130mm、後足長は22-26mm、体重は20-60gである。乳頭式は2+0+2=8。同属のヒメネズミに比べ、尾長は頭胴長とほぼ等しいかそれより短く、後足長は長い。黒部川天竜川を境にして、東には染色体数2n=48、西には染色体数2n=46の個体群が生息する。北海道産の個体は、ひとまわり大きい。

生態[編集]

低地から高山帯までの森林や田畑のあぜ、川原のやぶなどに生息する。夜行性で地表を中心に活動をする。単独で行動し地中に巣穴を掘る。主に植物の種子根茎などを食べるが、昆虫を捕食することもある。岩陰などの狭い空間を好み、食物をそのような所へ運んで、前足で持ちながら食べる。クルミを食べる時は殻に2つの穴を開けて中身を食べるため、特徴のある食痕が残る。秋にはドングリやクルミを巣穴や岩陰などの狭い空間や、地中に貯蔵する習性がある。 後足の筋肉が発達していて、行動範囲は1日あたり数kmにわたる。

分類[編集]

本種は生息する島によって形態的な変異が大きく、それぞれを亜種または独立種とする説もある。

  • ホンドアカネズミ A. s. speciosus
  • サドアカネズミ A. s. sadoensis -佐渡島
  • オオシマアカネズミ A. s. insperatus -伊豆大島
  • ミヤケアカネズミ A. p. miyakensis -三宅島 小型で毛色が濃く、腹部が茶褐色になる。東京都版レッドデータブックではCランク。
  • オキアカネズミ A. s. navigator -隠岐諸島
  • ツシマアカネズミ A. s. tusimaensis -対馬
  • セグロアカネズミ A. s. dorsalis -屋久島
  • エゾアカネズミ A. s. ainu -北海道 本州産より大型になる。

現在の分類では、それぞれを地域的な変異と考え、全て本種のシノニムとして Apodemus speciosus 1種とする説が有力である。[1]

近縁種[編集]

北海道には、朝鮮半島からシベリア東部にかけて生息するハントウアカネズミ Apodemus peninsulae の亜種であるカラフトアカネズミ A. p. giliacus も生息している。アカネズミよりもひとまわり小さい。アカネズミと同様の生態だが、同じ場所に生息している場合、アカネズミが森林に、カラフトアカネズミが草原ややぶに住む。


脚注[編集]

  1. ^ Mammal Species of the World, 3rd editionによる分類。

参考文献[編集]

  • 小宮輝之 『日本の哺乳類』 学習研究社<フィールドベスト図鑑>、2002年、P84
  • 金子之史 『ネズミの分類学』 東京大学出版会、2006年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]