ニジキジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニジキジ
Monal I IMG 4002.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: Lophophorus
: ニジキジ L.impejanus
学名
Lophophorus impejanus
和名
ニジキジ
英名
Himalayan Monal

ニジキジ (虹雉、学名:Lophophorus impejanus)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種。

ネパール国鳥

分布[編集]

インドチベット、ネパール

形態[編集]

全長60~70cm、体重1.8~2.5kg程になる大型のキジ。体つきは他のキジ類に比べがっしりとしており、相対的に尾羽は短い。頑丈な足と、太い鉤型の嘴を持つ。雌雄異型で、オスは金属光沢のあるビロード状の豪奢な羽毛と、先端が葉の形に広がった直立する冠羽を持つ。メスは褐色に斑模様でオスよりもずっと地味。

生態[編集]

標高2500~5000mの高山帯に単独かつがい、或いは3~4羽ほどのごく小さな群れで生活する。頑丈な足や嘴で地面を掻き毟り、草の根や雪に埋もれた草の実、昆虫などの餌を探す。オスは繁殖期、翼や尾を広げて美しい羽を誇示するディスプレイでメスを惹きつける。岩陰や草地などの陰を足で掘って浅い窪みを作り、それを巣として産卵する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類


Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類


絶滅危惧評価[編集]

参照・注釈[編集]

外部リンク[編集]

関連[編集]

執筆の途中です この項目「ニジキジ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類