国鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の国鳥であるキジ

国鳥(こくちょう)とは、そのを代表・象徴するである。

解説[編集]

国鳥は、国家機関が選定する場合や、全国的な鳥類学術機関が選定する場合、特に選定されず歴史的に認知されている場合など、様々な例があり、国により国民の認知度にも差がある。

アジアではキジ科の鳥が国鳥となる例が多い。また、アフリカではツル目が、ヨーロッパではスズメ目の例が多い。中央アメリカではキヌバネドリ目が、南アメリカではコンドル類が多い。

国鳥は手厚く保護される場合もあるが、選考の決め手として、単に容姿分布のみならず、狩猟文化食文化なども含めた国民的な知名度・親近感が考慮されることも多い。たとえば、日本は国鳥であるキジ(雉)を狩猟している[1]。また、フランスの国鳥の鶏は家禽である。ほか、モーリシャスの国鳥のドードーは人間(つまりモーリシャス国民の先祖)の進出によって絶滅した鳥である。

各国の国鳥[編集]

アジア[編集]

国名 国鳥 備考
イラク イワシャコ
インド インドクジャク
インドネシア ジャワクマタカ
スリランカ セイロンヤケイ
シンガポール キゴシタイヨウチョウ
タイ シマハッカン
大韓民国 カササギ 公式には定められていない[2]1964年韓国日報の国鳥公募で選ばれたもの[3]
中華民国台湾) ヤマムスメ
日本国 キジ 1947年日本鳥学会において国鳥に選定した。
ネパール ニジキジ
パキスタン イワシャコ
バングラデシュ シキチョウ
フィリピン フィリピンワシ
ブータン ワタリガラス
ミャンマー ハイイロコクジャク
モンゴル オジロワシ

アフリカ[編集]

国名 国鳥 備考
ウガンダ ホオジロカンムリヅル
サントメ・プリンシペ ヨウムトビ
ザンビア サンショクウミワシ
ジンバブエ サンショクウミワシ
ナイジェリア カンムリヅル
ナミビア ハジロアカハラヤブモズ
南アフリカ共和国 ハゴロモヅル
南スーダン サンショクウミワシ
モーリシャス ドードー 17世紀に絶滅している。

ヨーロッパ[編集]

国名 国鳥 備考
アイスランド シロハヤブサ
アイルランド ミヤコドリ
イギリス ヨーロッパコマドリ
エストニア ツバメ
オーストリア ツバメ
オランダ ヘラサギ
スウェーデン クロウタドリ
デンマーク コブハクチョウ
ドイツ シュバシコウ
トルコ ワキアカツグミ
ノルウェー ムナジロカワガラス
ハンガリー ノガン
フランス ニワトリ(雄鶏) 法的に定められてはいない[4]
フィンランド オオハクチョウ
ベルギー チョウゲンボウ
リトアニア シュバシコウ
ルクセンブルク キクイタダキ

北アメリカ・中央アメリカ[編集]

国名 国鳥 備考
アメリカ合衆国 ハクトウワシ[5]
キューバ キューバキヌバネドリ
グアテマラ ケツァール
コスタリカ バフムジツグミ
ジャマイカ フキナガシハチドリ
ドミニカ共和国 ヤシドリ
ドミニカ国 ミカドボウシインコ
トリニダード・トバゴ ハチドリ
ニカラグア アオマユハチクイモドキ
ハイチ ヒスパニオラキヌバネドリ
パナマ オウギワシ
バハマ フラミンゴ
メキシコ カラカラ

南アメリカ[編集]

国名 国鳥 備考
アルゼンチン セアカカマドドリ
ウルグアイ ナンベイタゲリ
エクアドル アンデスコンドル
ガイアナ ツメバケイ
グレナダ グレナダバト
コロンビア アンデスコンドル
チリ コンドル
パラグアイ ハゲノドスズドリ
ブラジル ニョオウインコ
ベネズエラ ツリスドリ
ペルー アンデスイワドリ

オセアニア[編集]

国名 国鳥 備考
オーストラリア コトドリ
キリバス グンカンドリ
ニューカレドニア カグー
ニュージーランド キーウィ
パプアニューギニア ゴクラクチョウ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 狩猟制度の概要”. 環境省. 2012年4月4日閲覧。
  2. ^ 黒田勝弘【外信コラム】ソウルからヨボセヨ カササギ追放?」MSN産経ニュース(産経新聞)、2009年1月3日付、2009年12月10日閲覧。
  3. ^ ソウルのシンボル(日本語) Seoul, 2002 FIFA World Cup、2009年12月10日閲覧。
  4. ^ フランス共和国を表すシンボル(日本語) 在日フランス大使館、2010年1月2日閲覧。
  5. ^ シンボル(日本語) 在日米国大使館、2009年12月10日閲覧。

関連項目[編集]