サヨナキドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サヨナキドリ
Nachtigall (Luscinia megarhynchos)-2.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: Luscinia
: サヨナキドリ L. megarhynchos
学名
Luscinia megarhynchos
(Brehm, 1831)
和名
サヨナキドリ
英名
Nightingale
Luscinia megarhynchos

サヨナキドリ (小夜啼鳥、学名:Luscinia megarhynchos)は、スズメ目ヒタキ科に属する鳥類の一種。 西洋のウグイスとも言われるほど鳴き声の美しい鳥で、ナイチンゲール(英語:Nightingale)の名でも知られる。また別名ヨナキウグイス(夜鳴鶯)や、墓場鳥と呼ばれることもある。

分布[編集]

ヨーロッパ中央部、南部、地中海沿岸と中近東からアフガニスタンまで分布する。ヨーロッパで繁殖した個体は冬季アフリカ南部に渡りをおこない越冬する。

形態[編集]

体長約16cm。体の上面の羽毛は褐色で、尾はやや赤みをおびている。体の下面は黄色がかった白色である。

生態[編集]

森林や藪の中に生息する。和名のとおり夕暮れ後や夜明け前によく透る声で鳴く。

薮や潅木林の地面の上に営巣する。巣の内部には枯れ草や動物の毛を敷いている。1腹3-7個の卵を産む。雌が抱卵し、抱卵期間は13-14日である。

参考文献[編集]

  • マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、2006年、177頁

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「サヨナキドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類