コトドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コトドリ
Superb lyrbird in scrub.jpg
コトドリの雄
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: コトドリ科 Menuridae
: コトドリ属 Menura
: コトドリ
M. novaehollandiae
学名
Menura novaehollandiae
Latham, 1801
英名
Superb Lyrebird

コトドリ(学名:Menura novaehollandiae)は、スズメ目コトドリ科に分類される鳥類の一種。

概要[編集]

全長80-100cm。ただし、尾羽の長さが約60cmある。背面は灰色、腹面は乳白色、翼およびのどが赤茶色。オスはレースのような尾羽を持ち、それが竪琴に似ているために和名の由来となっている。オーストラリアの10セント硬貨に描かれている鳥である。

分布[編集]

オーストラリア東海岸、クイーンズランド州サウス・イースト・クイーンズランド地域からニューサウスウェールズ州ビクトリア州にかけての森林地帯に生息する。1950年前後にタスマニア州に移入された。オーストラリア固有種。

生態[編集]

地上で、腐葉土や腐った木の枝を脚で後ろにかき出しながら、地中の昆虫ミミズなどの無脊椎動物を探しだし捕食する。

繁殖期になると雄は、1mほどの塚を落ち葉や枯れ木などをかき集めて作り、その上でディスプレイを行う。ディスプレイは飾り羽のついた尾羽を上に持ち上げ、飾り羽を自分の体の上に覆うようにし、他の鳥類の鳴き声をまねながらダンスをする。個体によっては人語の他、カメラのシャッター音、チェーンソーの音、車のブレーキ音など人工的な音を真似することが知られている。

雌は1羽で巣を作り、一回の産卵で1つの卵を産み、子育てを行う。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  • Field Guide to Australian Birds, Michael Morcombe, Steve Panish Publishing, 2004, ISBN 9781740215596
  • A GUIDE TO LAMINGTON NATIONAL PARK, Lesley Hutley, Lamington Natural History Association,2006, P.180-181, ISBN 9780858812086

関連項目[編集]