ホオジロカンムリヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホオジロカンムリヅル
Gray Crowned Crane at Zoo Copenhagen.jpg
ホオジロカンムリヅル Balearica regulorum</ br>コペンハーゲン動物園
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ツル科 Gruidae
亜科 : カンムリヅル亜科
Balearicinae
: カンムリヅル属 Balearica
: ホオジロカンムリヅル
B. regulorum
学名
Balearica regulorum
(Bennett, 1834)
和名
ホオジロカンムリヅル
英名
Grey crowned crane
Balearica regulorum gibbericeps

ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴、Balearica regulorum)は、鳥綱ツル目ツル科カンムリヅル属に分類される鳥。

分布[編集]

アフリカ大陸南部

形態[編集]

全長100cm。額の部分にビロード状の密生した羽毛、頭頂に麦わらを束ねたような冠羽を持つ(これが名前の由来)。頚部の羽毛は明るい灰色で、英名の由来になっていると思われる。

和名の通り、頬の部分は白い。しかし繁殖期になるとこの白い部分も赤く染まる。

カンムルヅル属の別種カンムリヅルとは、あまり形態に差が無いことから亜種とする説もある。

Sibley-Ahlquist鳥類分類[編集]

本属は従来の分類とSibley-Ahlquist鳥類分類において分類上の位置に変化はない。

生態[編集]

湿地等に生息する。昼行性で、夜間は樹上で休む。を積み上げた塚状の巣を作る。

食性は雑食で、昆虫類節足動物、小型哺乳類果実種子等を食べる。地面を叩き驚いて飛び出した獲物を捕食する。

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、93項

関連項目[編集]

ウガンダの国旗
ウガンダ国鳥。国旗の中央にホオジロカンムリヅル。

外部リンク[編集]