イベリアカタシロワシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イベリアカタシロワシ
イベリアカタシロワシ
イベリアカタシロワシ Aquila adalberti
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: タカ科 Accipitridae
: イヌワシ属 Aquila
: イベリアカタシロワシ
A. adalberti
学名
Aquila adalberti 
Brehm, 1881
和名
イベリアカタシロワシ
英名
Spanish Imperial Eagle

イベリアカタシロワシ(学名:Aquila adalberti)は、タカ目タカ科に分類される鳥。

かつてはカタシロワシ亜種とされていた。ヒメカタシロワシスペインカタシロワシとも呼ばれる。

分布[編集]

形態[編集]

全長82cm。体は全体的に褐色で、頭部から頸にかけては淡い羽色をしており、翼や下面などは黒褐色をしている。尾羽には、数本の灰色みをおびた褐色の不明確な帯があり、肩の部分は白色。

生態[編集]

湖沼海岸等の水辺近くの森林に生息する。樹上に営巣する。

人間との関係[編集]

乱獲や家畜を襲う害鳥としての駆除により、個体数が減少した。1970年代における個体数はスペインで150-160ペア、ポルトガルで15-20ペアと推定されている。 保護活動の成果で個体数は多少回復しており、スペインにおいて2005年にはおよそ200ペアとなった[2]

脚注[編集]

  1. ^ Aquila adalberti”. IUCN. 2013年5月4日閲覧。 “Range Map”
  2. ^ イベリアカタシロワシ”. コニカミノルタ. 2013年4月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、84、186-187頁。 ISBN 9784062687515

関連項目[編集]