シキチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シキチョウ
Copsychus saularis -Malaysia-8-2c.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: ツグミ科 Turdidae
: シキチョウ属 Copsychus
: シキチョウ C. saularis
学名
Copsychus saularis
Linnaeus, 1758
和名
シキチョウ
英名
Oriental Magpie Robin

シキチョウ(四季鳥、学名:Copsychus saularis)は、スズメ目ツグミ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

インドから、東南アジア、中国南部にかけて留鳥として分布する。オーストラリアにも生息するが、これは人為的に移入されたものである。

形態[編集]

体長約19cm。比較的尾は長い。雄は頭部から背面にかけてと喉から胸は黒色で、腹部は白色である。翼に大きな白色の斑がある。この羽色がカササギに似ていることが英名の由来である(magpieはカササギを示す)。雌は頭部から背面にかけてと喉から胸は灰色で、腹部は灰色がかった白色である。

生態[編集]

熱帯から亜熱帯にかけての開けた森林や耕作地に生息する。しばしば人家の庭にも現れる。

主に昆虫類クモ類などを捕食する。

樹洞、土手や壁の穴、軒下などに植物の葉や枯れ枝で椀型の巣を作り、1腹3-6個(通常4-5個)の褐色地に濃い斑点のある卵を産む。抱卵日数は12-13日で、雌雄協同で抱卵する。

人間との関係[編集]

鳴き声が美しいため、飼い鳥とされることがある。

バングラデシュ国鳥である。

参考文献[編集]

  • マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、2006年、178頁
執筆の途中です この項目「シキチョウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類