クキ・チン諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クキ・チン諸語(Kuki-Chin)は、チベット・ミャンマー語派に属する50の言語群のうちの1つで、インドの東部とミャンマーで用いられている。ミゾ・クキ・チン諸語(Mizo-Kuki-Chin)やクキッシュ(Kukish)とも呼ばれる。

クキ・チン諸族の大部分はインドのアッサム州で暮らすクキ族か、ミャンマーで暮らすチン族として知られている。なお、クキ・チン諸族の一部は、ナガ族としても分類されている。さらに、クキ・チン諸族はミゾ族(ルシャイ族)とは民族学的に異なる。

カルビ語がクキ・チン諸語と関連する言語であるか、あるいはクキ・チン諸語の1派であることには一般的同意が得られている。しかしながら、Thurgoodの著作(2003)では、カルビ語はチベット・ミャンマー語派に分類されていない。なお、ムル語はかつてクキ・チン諸語へ分類されていたが、現在はロロ・ビルマ諸語と関連の深い言語であると考えられている。

言語[編集]

クキ・チン諸語の内部での分類は、近年100年間では少ししか変わっていない。詳しくはエスノローグ[1]の要約を参照のこと。

Bradleyの分類(1997)では、メイテイ語もクキ・チン諸語に含まれている。

参考文献[編集]

  • George van Driem (2001) Languages of the Himalayas: An Ethnolinguistic Handbook of the Greater Himalayan Region. Brill.
  • Thurgood, Graham (2003) "A subgrouping of the Sino-Tibetan languages: The interaction between language contact, change, and inheritance." In G. Thurgood and R. LaPolla, eds., The Sino-Tibetan languages, pp 13-14. London: Routledge.