ラグサ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラグサ共和国
Respublica Ragusina
Dubrovačka Republika
Repubblica di Ragusa
ヴェネチア共和国
ハンガリー王国
1358年 - 1806年 イリュリア州
ラグサ共和国の国旗 ラグサ共和国の国章
(国旗) (国章)
ラグサ共和国の位置
1426年頃のラグサ共和国の範囲
公用語 ラテン語(1492年まで)
イタリア語(1492年以降)
その他、クロアチア語ダルマチア語が話されていた。
首都 ラグーサ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
1808年頃 1,500km²
人口
1808年頃 30,000人
変遷
成立 1358年
消滅 1806年
ラグサ共和国の城壁などの様子をそのまま伝えるドゥブロヴニク

ラグサ共和国(ラグサきょうわこく、イタリア語: Repubblica di Ragusa, クロアチア語: Dubrovačka Republika, ラテン語: Respublica Ragusina, ハンガリー語: Raguzai Köztársaság)は、現在のクロアチア共和国ダルマチア地方のドゥブロヴニク(イタリア語名:ラグーザ Ragusa)にあった都市共和国である。1358年にハンガリー王国から独立し、15世紀から16世紀にかけてアドリア海および地中海貿易で絶頂期を迎えた。1667年の大地震を契機に、そのころの地中海貿易の不振と相まって衰退が始まった。1806年にナポレオン軍に降伏し、ナポレオンのイタリア王国に併合された。ナポレオン没落後に開かれたウィーン会議では、オーストリア帝国の国力回復を目指す外相メッテルニヒが議長となっていたこともあり、ラグサ共和国の再独立は認められず、オーストリア領ダルマチア(ハプスブルク領ダルマチア王国英語版ドイツ語版)の一地方として、オーストリア帝冠領に併合された。以後、再独立することなく現在に至っており、1991年以降はクロアチア領となっている。

現在、ドゥブロヴニクにはラグサ共和国時代の城壁やその他の建物がほぼそのまま残っていて、世界遺産にもなっている。 [1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ ラグサ
  2. ^ ラグサ共和国