大チョーラ朝寺院群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 大チョーラ朝寺院群
インド
ガンガイコンダチョッラプラムのブリハディーシュワラ寺院
ガンガイコンダチョッラプラムの
ブリハディーシュワラ寺院
英名 Great Living Chola Temples
仏名 Les grands temples vivants Chola
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1987年
拡張年 2004年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

大チョーラ朝寺院群英語:Great Living Chola Templesタミル語:அழியாத சோழர் பெருங்கோயில்கள்)とは、チョーラ朝時代に建設された南インドにおけるヒンドゥー寺院群のことである。1987年に、国際連合教育科学文化機関の世界遺産に登録された。

登録範囲[編集]

大チョーラ朝寺院群を構成する寺院は以下の3つである。かつてのチョーラ朝の首都であったタンジャーヴールとガンガイコンダチョッラプラム(en)にあるブリハディーシュワラ寺院(en)の2つの寺院は、1987年に登録された。ダラシュラム(en)にあるアイラヴァテスヴァラ寺院(en)は2004年に登録範囲が拡張され、登録された。世界遺産はこの3つの寺院から構成される。

世界遺産[編集]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]

座標: 北緯10度46分59秒 東経79度07分57秒 / 北緯10.78306度 東経79.13250度 / 10.78306; 79.13250