アーグラ城塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アーグラ城塞
インド
アーグラ城塞
アーグラ城塞
英名 Agra Fort
仏名 Fort d'Agra
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 1983年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

アーグラ城塞(-じょうさい、: Agra Fort)は、インドアーグラにあるムガル帝国時代の城塞。

砂岩で築かれた城壁の色から「赤い城」(ラール・キラー, Lal Qila)の名がある。ただし、デリーの城も同じく赤い城と呼ばれ、単にインドの「赤い城 (Red Fort)」と言えば、通常はデリーのほうを指すので注意が必要。

歴史[編集]

デリーからアーグラへの遷都に伴い、皇帝アクバル1565年に着工して1573年に完成した。その後ジャハーンギールシャー・ジャハーンまで3代の居城となった。

アウラングゼーブが兄弟間の後継者争いに勝つと、父であるシャー・ジャハーンをタージ・マハルの見える城塞内の「囚われの塔」(ムサンマン・ブルジュ)に幽閉してデリーに移った。

外側から見ると赤砂岩主体の「赤い城」であるが、城内の宮殿には白大理石も多用されている。ムサンマン・ブルジュの内壁や床は幾何学的な装飾が施された白大理石でできている。

1983年ユネスコ世界遺産に登録された。

白大理石でできたムサンマン・ブルジュ

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

遺跡[編集]

見学できる遺跡(主要な南東部分)

  • アマルシン門とアクバル門 (Amar Singh gate, Akbar gate) - 3重の南門
  • 一般謁見の間 (Diwan-i-Am)
  • ジャハーンギール殿 (Jahangir Mahal)
  • ムサンマン・ブルジ (Musamman Burj) - 8角柱形の塔
  • 寝殿 (Khas Mahal)
  • アングリ庭園 (Anguri Bagh)
  • 貴賓謁見の間 (Diwan-i-Khas)

見学できない遺跡(面積の大部分)

  • 真珠モスク (Moti Masjid)
  • バザール街 (Zenana Mina Bazaar)
  • デリー門と象門 (Delhi gate, Hathi Pol) - 2重の西門
これらは、軍の管理下にあって見学ができない。

外部リンク[編集]

座標: 北緯27度10分46秒 東経78度01分16秒 / 北緯27.179542度 東経78.021101度 / 27.179542; 78.021101