パシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パシャpaşa)は、オスマン帝国の高官、高級軍人称号。語源は不明だが、ペルシア語の「パーディシャー(大王)」に由来するとする説、トルコ語の「バシュ・アガ(長兄)」に由来するとする説などがある。

トルコ人男性の名前の一部に用いられることもあるが、普通には15世紀頃からオスマン帝国においてヴェズィール(宰相)やベイレルベイ(州総督)の官職を持つ高級官僚に与えられるようになり、称号として使われた。

近代に入ってからも、首相や大臣、州知事、将官クラスの高級軍人の称号として用いられた。ムスタファ・ケマル・パシャなどのオスマン帝国末期に与えられたパシャの称号は、オスマン帝国滅亡後のトルコ共和国でもそのまま敬称として使われていたが、1934年に公式称号として廃止されて使われなくなった。

エジプト州知事など、パシャの称号をもつ州知事の官職を指してパシャと呼ぶこともある。

関連項目[編集]