エルトゥールル (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ErtugrulFirkateyn.png
フリゲート艦「エルトゥールル」。
艦歴
発注 イスタンブル造船所
起工
進水 1853年
就役 1854年
退役
その後 1890年9月16日座礁沈没
除籍
性能諸元(改装後)
排水量 常備:2,344トン
全長 76.2m
全幅 15.5m
吃水 8.0m
機関 型式不明石炭専焼缶-基
+2段膨脹式レシプロ機関1基1軸推進
最大出力 600hp
最大速力 13.0ノット(機関航行時)
航続距離 -ノット/-海里(石炭:400トン)
乗員 320名
兵装 クルップ 15cm(-口径)単装砲8基
アームストロング 150ポンド(68㎏)単装砲5基
オチキス 3.7cm(23口径)5連装ガトリング砲2基
ノルデンフェルト 2.5cm4連装機関砲2基

エルトゥールル (Fırkateyni Ertuğrul) はオスマン帝国海軍の木造フリゲート。同型艦はない。艦名はオスマン1世の父であるエルトゥールルに因む。

概要[編集]

本級はオスマン帝国海軍が自国の沿岸防衛のために国産した軍艦である。海軍大臣アブデュルアズィズによって建造が承認され、自国のイスタンブール造船所で建造された。

艦形と武装[編集]

エルトゥールルの模型。
遭難するエルトゥールル号を描いた絵画。

本艦の基本構造は平甲板型船体に3本の帆走用マストを持つ装甲フリゲートで、船体中央部の1番・2番マストの間に船橋を持つ艦橋が立ち、船体内部の砲郭(ケースメイト)部に主武装を左右均等に配置していた。

1864年にロンドンに回航され、1865年まで老朽化した船体の修理と共に、蒸気機関を搭載して蒸気船に改造すると共に武装の一新が行われた。

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)
  • 「世界史リブレット 小松香織著 オスマン帝国の近代と海軍」(山川出版社)2004年2月出版
  • 「山川歴史モノグラフ 小松香織著 オスマン帝国の海運と海軍」(山川出版社)2002年11月出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]