ルーヴシエンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Louveciennes
Blason Louveciennes.svg
Louveciennes Mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) サン=ジェルマン=アン=レー郡
小郡 (canton) マルリー=ル=ロワ小郡
INSEEコード 78350
郵便番号 78430
市長任期 アンドレ・ヴァノルベーク
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Coteaux de Seine
人口動態
人口 7 413人
2009年
人口密度 1380人/km²
住民の呼称 Louveciennois/Luciennois
地理
座標 北緯48度51分39秒 東経2度07分02秒 / 北緯48.860833度 東経2.117222度 / 48.860833; 2.117222座標: 北緯48度51分39秒 東経2度07分02秒 / 北緯48.860833度 東経2.117222度 / 48.860833; 2.117222
標高 平均:m
最低:24 m
最高:179 m
面積 5.37km²
Louveciennesの位置
Louveciennes
公式サイト Site de la mairie de Louveciennes
テンプレートを表示

ルーヴシエンヌLouveciennes)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

地理[編集]

イヴリーヌ県の住宅地であるルーヴシエンヌは、セーヌ川丘陵地帯にありパリから約10km、ヴェルサイユサン=ジェルマン=アン=レーの間に位置する。面積537ヘクタールのうち、260ヘクタールが自然地である。

ルーヴシエンヌは道路・鉄道との接続が良い。コミューンの東から西へトランジリアンL線が横断する。バス路線もある。国内の主要道、A13、高速道13号線、高速道186号線が通る。

コミューンの低地ではセーヌ川が境界となっている。自然地は、過去の歴史とつながりのある多くの城があることが特徴となっているだけでなく、公園や森林もある。都市化は高速道沿いにや特に鉄道沿線に集中している。その都市成長は、自然保護区の人口密度、かつての地下採石場の存在、そしてキノコ栽培業者によって制限が加わっている。住宅の44%が5部屋かそれ以上持つ大規模な物件である。住宅の所有者が住む住宅が大半の62.8%を占める。

歴史[編集]

ルーヴシエンヌ水道橋
ヴォワザン城

イヴリーヌ県の多くのコミューンと同様に、ルーヴシエンヌは11世紀にサン=ドニ修道院に依存していた。

セーヌ川沿いの斜面でブドウや果樹を栽培する小さな農村であり、その覚醒は17世紀に起きた。ルイ14世が宮廷をヴェルサイユ宮殿に移し、マルリー城を建設したのである。1681年から1684年にかけマルリーの機械が建設され、村の日常生活が破壊された。ブージヴァルで汲み上げられたセーヌ川の水はパイプ内まで吸い上げられ、高地に設計された水道橋を通じて各自治体に張り巡らされた。城の多くはかつてLuciennesと呼ばれていた村に建設された。名称は18世紀にLouvetienneとなった。

19世紀、村は再び眠りにつき、印象派の画家カミーユ・ピサロアルフレッド・シスレーのおかげで新しい名声を得ることとなった。普仏戦争中の1870年、パリ包囲戦が起こり、水道橋の有名なアーチは展望台として利用された。ギヨームという人物は、水道橋の下を通過中に爆弾攻撃を受けて死亡した最初の人物だったが、水道橋は無傷だった。

初めて接続された鉄道路線はサン=ジェルマン=アン=レーからのもので、2番目にブージヴァルとルーヴシエンヌを経由するサン・ノム・ラ・ブレテシュからの路線だった。これにより、ブルジョワ階級がルーヴシエンヌに別荘や小さなマノワールを建設するようになった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
4226 4475 7488 7338 7446 7110 7234

参照元:1962年までCassini de l'EHESS[1]、1968年からINSEE[2] · [3]

史跡[編集]

ゆかりの人物[編集]

ルーヴシエンヌの風景、シスレー画。国立西洋美術館

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui sur site de l'École des hautes études en sciences sociales. Consulté le 3 mai 2011
  2. ^ Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) sur Insee. Consulté le 3 mai 2011
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2008 sur Insee. Consulté le 3 mai 2011