ルコント・ド・リール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルコント・ド・リール
Leconte Blanquer.JPG
誕生 1818年10月22日
レユニオン島、サン=ポ-ル
死没 1894年7月17日
イヴリーヌ県、ヴォアザン村
職業 詩人・劇作家
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1846年 - 1888年
主題 詩・戯曲
文学活動 高踏派
代表作 『古代詩集』、『夷狄詩集』、『悲劇詩集』
主な受賞歴 レジオン・ドヌール勲章二等
処女作 空想的社会主義の新聞雑誌への寄稿
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

シャルル=マリ=ルネ・ルコント・ド・リール(Charles-Marie-René Leconte de Lisle, 1818年10月22日 - 1894年7月17日)は、フランス高踏派の詩人、また劇作家。姓だけのルコント・ド・リールがペンネームである。

生涯[編集]

西南インド洋、『ブルボン島』(Île Bourbon)(現、レユニオン島)のサン=ポールSaint-Paul)に生まれた。ブルターニュ出身の父とラングドック出身の母とは、そこで農園を経営していた。4歳から14歳までナントに学んで島に戻り、ヴォルテールルソーラマルティーヌユーゴーなどを読み、詩や随筆を試みた。また、インド東南アジアに遊んだ。

7月王政期の1837年(19歳)、レンヌ大学(Université de Rennes)に入って法学を学び、かたわら文学に親しんだ。1841年、法律のバカロレア資格を得た。1846年、シャルル・フーリエ空想的社会主義に共鳴して、パリに移り、同派の『デモクラシー・パシフィック』紙(La Democratie Pacifique)および『ファランジュ』誌(Phalange)の編集委員として、(後に『古代詩集』に纏められる)詩や短編を発表し、ユートピアを求めつつ、古代の神話・芸術への関心を深めた。

1848年の2月革命のときには、植民地の奴隷廃止運動の先頭に立ったものの、革命で成った第2共和制が1852年ナポレオン3世第2帝政へ反動化したのを機に、政治と絶縁し、翻訳などの内職をしながらパリで文筆に専念した。

1952年、34歳のときの『古代詩集』では、詩は詩の世界に閉じこもるべきと宣言し、ギリシア神話の神々をうたった。終生、感情の吐露を排し客観的な描写に徹する詩風であった。

1862年、『夷狄詩集』を出した頃から、カチュール・マンデスシュリ・プリュドムフランソワ・コペーFrançois Coppée)、ジョゼ・マリア・ド・エレディアJosé María de Heredia)らが、ド・リールの『土曜サロン』に集まり始め、1866年、彼らの第1次「現代高踏詩集」(Le Parnasse contemporain)が発刊された。

第3共和制の1872年(54歳)に、上院図書館の司書となり生活が安定した。翌年韻文悲劇『復讐の女神たち』がオデオン座で上演された。

1883年(65歳)、レジオン・ドヌール勲章二等を受けた。1884年(66歳)、『悲劇詩集』に、アカデミー・フランセーズ賞が与えられた。1885年に詩王(Prince des poètes)に、1886年にアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。

1894年7月17日、滞在していたイヴリーヌ県ヴォアザン村(Voisins)の知人の別荘で、肺炎のため急逝した。パリ6区のサン・シュルピス教会に葬儀を執り行い、モンパルナス墓地に葬った。

おもな文業[編集]

  • 『古代詩集』(Poèmes antiques)(1852)
  • 『詩と韻文』(Poèmes et poésies)(1855)(夷狄詩集の先行)
  • 『全韻文』(Poésies complètes)(1858)(古代詩集と「夷狄詩集中の詩」との纏め」)
  • 『夷狄詩集』(Poèmes barbares)(1862)
  • 復讐の女神たち(悲劇)』(Les Érinnyes, tragédie)(1873)
  • 『悲劇詩集』(Poèmes tragiques)(1884)
  • 『エレーヌ 叙情劇』(Hélène, drame lyrique)(1883 - 1884)
  • 『アポロニード 叙情劇』(L'Apollonide, drame lyrique)(1888)
  • 『最後の詩集』(Derniers Poèmes)(1895)没後

作品の音楽[編集]

文業の音楽化に、次などがある。

  • ジュール・マスネ作曲
    • 『復讐の女神たち』劇音楽、(1873)
  • ガブリエル・フォーレ作曲
    • 『イスファファンのばら』(Les roses d'Ispahan)(夷狄詩集)、op.39 - 4(1884)
    • 『ネル』(Nell)(古代詩集)、op.18 - 1(1878)
    • 『リディア』(Lydia)(古代詩集)、op.4-2(1870)
    • 『ばら』(La rose)、op.51-4(1890)(1888)
    • 『消え去らぬ香り』(Le parfum impérissable)(悲劇詩集)op.76-1(1897)
  • アンリ・デュパルク作曲
    • 『フィディレ』(Phidylé)(古代詩集)、(1882)
  • エルネスト・ショーソン作曲
    • 『蜂雀』(Le colibri)(詩と韻文)、op.2-7(1882)
    • 『ナニー』(Nanny)(古代詩集)、op.2-1(1882)
    • 『せみ』(La cigale)、Op.13-4(1887)
    • 『エレーヌ』(Hélène)、Op.7(1887)
    • 『ヴェーダの讃歌』(Hymne vedique)、Op.9(1887)
    • 『婚礼の歌』(Chant Nuptial)、Op.15(1901)
  • クロード・ドビュッシー作曲
    • 『亜麻色の髪の乙女』(La fille aux cheveux de lin)(古代詩集)、(1910)
    • 『ジャヌ』(Jane)(古代詩集)、(1881)
  • モーリス・ラヴェル作曲
    • 『紡ぎ車の歌』(Chanson du rouet)(古代詩集)、(1852)
  • レイナルド・アーン
    • 『リデ』(Lydé)(古代詩集)、(1900)
    • 『テュンダリス』(Tyndaris)(古代詩集)、(1900)
    • 『フィリス』(Phyllis)(古代詩集)、(1900)

邦訳[編集]

ド・リールの文業の邦訳は、一部の詩に限られている。

  • 上田敏訳:『真昼』(Midi)(古代詩集)、「海潮音、本郷書院(1905)→ 新潮文庫(2006)ISBN 9784101194011」の中
  • 上田敏訳:『大飢餓』(Sacra fames)(悲劇詩集)、前同
  • 上田敏訳:『象』(Les éléphants)(詩と韻文)、前同
  • 安藤俊次訳:『夜の女神』(Nox)(古代詩集)、「窪田般彌編:フランス詩大系、青土社(1989)ISBN 9784791763429」のp.357
  • 安藤俊次訳:『太陽のヘラクレス』(Héraklés solaire)(古代詩集)、前同のp.358

なお、上記の歌曲を収録した、たとえば『フォーレ歌曲集』などのCD類の解説冊子に、原詩と訳詞とが記載されている。

出典[編集]


前任:
ヴィクトル・ユーゴー
アカデミー・フランセーズ
席次14

第11代:1886年 - 1894年
後任:
アンリ・ウッセー