ピエール・ユラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール=オーギュスタン・ユラン(フランス語:Pierre-Augustin Hulin、1758年9月6日 - 1841年1月9日)はフランス革命で活躍したフランスの軍人。

バスティーユ襲撃の時に民衆の側に立って活躍し、フランス革命からナポレオンの時代に渡って活躍した。一兵卒から将軍にまでなり、勲章を受け、最後は引退して天寿を全うした。現在でもカルナヴァレ博物館に肖像画が飾られている。

日本ではベルサイユのばらに登場するオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェのモデルとして知られており、作中にはピエール・ユラン伍長として登場している(実際のバスティーユ襲撃の頃には大尉になっていたと思われる)。

経歴[編集]

  • 1758年9月6日に商人の息子として生まれる
  • 1771年に軍に入隊
  • 1772年にスイス傭兵連隊に入る
  • 1780年8月7日に軍曹に昇進
  • 1793年に将軍になる
  • 1841年1月9日パリで死亡