ルイ=ルネ=エドゥアール・ド・ロアン=ゲメネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロアン枢機卿

ルイ=ルネ=エドゥアール・ド・ロアン(Louis René Édouard de Rohan, 1734年9月25日 - 1803年2月16日)は、フランス王国聖職者ストラスブール枢機卿

生涯[編集]

ロアン=ゲメネ公家の一員として、パリに生まれる。同家は1704年以来ストラスブールの司教職を世襲しており、1760年に聖職に就くとすぐに、叔父であるコンスタンティーヌ・ド・ロアン司教の助手となる。さらに、エジプトのカノープスの司教の名義を取得している。また、1761年には、アカデミー・フランセーズの会員にも選出された。

当時、デギュイヨン公オーストリアとの同盟に反対する政治的一派を率いていたが、ロアンはこれに参加し、1772年にはプロイセンおよびロシアとオーストリアが行っていたポーランド分割に関する情報を収集するため、ウィーンの大使館に派遣された。しかしその派手な生活態度が、マリア・テレジアの反感を買うこととなった。

1774年ルイ15世の逝去後は、ウィーンから召喚され、新たな役職に就くことはできなかった。しかし、その一族の影響力は大きく、1777年には聖ヴァースト修道院長に、そして1778年にはポーランドスタニスワフ・ポニャトフスキの指名で枢機卿に就任した。さらに、1779年には叔父のあとを継ぎストラスブールの司教に就くとともに、ノワールムティエおよびシェーズデューの修道院長にもなった。ただ、聖職としての義務よりも華やかな暮らしを好み、生活の主要な拠点はパリにあった。

当時フランスでは国家財政の破綻が目前となり、財政改革が焦眉の急となっていたが、テュルゴーの失敗ののち就任したネッケルもこれを解決することができず、カロンヌロメニー・ド・ブリエンヌが相次いで財務総監に就任していた。ロアンはこれらの機会に自らの財務総監就任を狙っていたが、ウィーン時代の生活態度から王妃マリー・アントワネットとの関係が疎遠であり、その関係の改善が財務総監への道を開くと思われていた。それを利用され、1785年首飾り事件では首飾りを購入するための保障を与えたばかりか、宮殿内でミサの直前に事件の首謀者の一人として逮捕された。高等法院による裁判では計画の関与は否定されて無罪となり、王妃マリー・アントワネットへの勝利者として大衆の熱狂的支持を得るが、国王ルイ16世はロアンを国外追放処分とした。

もっとも、その処分は一時的なもので、すぐにストラスブールへは戻ることができ、事件後も続いた人気から、1789年には三部会の議員に第二身分の代表として選出された。しかしその議席を拒否し、さらに1791年には聖職者基本法への宣誓を拒否して、教区のドイツ側であるエッテンハイムへと出国する。その後は、私財を用いて宣誓拒否僧侶の出国支援を行った。1801年に、ストラスブール司教を退任し、公職からも退いた。


前任:
ジョゼフ・セギー
アカデミー・フランセーズ
席次36

第7代:1761年 - 1803年
後任:
ジャン・ドヴェーヌ