ザ・マジックアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・マジックアワー
The Magic Hour
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
製作 島谷能成
亀山千広
製作総指揮 石原隆
出演者 佐藤浩市
妻夫木聡
深津絵里
西田敏行
綾瀬はるか
音楽 荻野清子
撮影 山本英夫
編集 上野聡一
製作会社 フジテレビジョン
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 2008年6月7日
上映時間 136分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 未公表
興行収入 39.2億円
テンプレートを表示

ザ・マジックアワー』(The Magic Hour)は、2008年6月7日に公開された日本映画三谷幸喜監督作品第4作。

表題のマジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語。転じて本作では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味する。なお、三谷自身、このマジックアワーの意味を、前作『THE 有頂天ホテル』の撮影時に知ったと本作のDVDに収録されたオーディオコメンタリーで述べている。

概要[編集]

劇中劇[編集]

劇中映画(劇中劇)が3本存在し、劇中映画「暗黒街の用心棒」の1シーンは本映画予告編でも流される。同作も、市川崑監督作品のパロディ。

黒い101人の女
暗黒街の用心棒
実録・無法地帯

ストーリー[編集]

港町・守加護(すかご)でマフィア「天塩商会」のボスの愛人マリに手を出した備後登は、自分の命を見逃してもらうため伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくることになる。探しても一向にデラ富樫を見つけられない備後は苦肉の策として、売れない俳優・村田大樹を映画の撮影と騙してデラ富樫に仕立てて乗り切ろうと画策する。相手が本物のギャングとは知らずデラ富樫を演じる村田、村田と「天塩商会」に嘘がばれないよう四苦八苦する備後、村田をデラ富樫と信じる「天塩商会」の面々。それぞれの思いやすれ違いが行き交う中、次々と予期せぬ展開が待ち受ける。

キャスト[編集]

<>内は予告編などで使われるキャッチフレーズ。

港町・守加護へやってくる人々[編集]

  • 村田大樹(むらた たいき)<だまされる男> - 佐藤浩市
売れない三流役者。その「脂っこい演技」でなかなか大役を手にすることができず、スタントエキストラの仕事ぐらいしかもらえないが、裏方スタッフとは仲良し。映画監督に成りすました備後の口車に乗らされ、偽の映画でデラ富樫役として初主演を務めることとなり、映画のセットのような不思議な街、守加護にやってくる。得意の暑苦しい演技で守加護に乗り込み、演技とは知らない天塩幸之助に気に入られて天塩ファミリーの一員になるが、街で起こることはすべて映画の撮影だと思い込んでいる。特技はアクションスタント。1960年12月10日生まれ(演じる佐藤浩市と全く同じ)。
  • 長谷川謙十郎(はせがわ けんじゅうろう)<振り回される男> - 小日向文世
村田のマネージャー。よく憎まれ口を叩くが、一番の村田のファンでもある、よき理解者。備後の偽の撮影には不信感を抱く。
ベテラン特機部。
操演担当、スモーク係。
弾着の名人。
3人とも村田を慕う映画スタッフで、彼の一世一代の大芝居に協力する。
  • 今野貴之介(こんの たかのすけ) - 近藤芳正
CMディレクター。備後達の偽の映画撮影に巻き込まれる。
CM撮影隊のエキストラ。かつて「暗黒街の用心棒」で、主役のニコを演じた映画スターだったが、それ以降はヒット作に恵まれず忘れられた存在になっている。しかし役者魂は今でも全く衰えることなく、次の「マジックアワー」を辛抱強く待ち続けている。村田の憧れの人物でもある。

天塩商会[編集]

  • 備後登(びんご のぼる)<だます男> - 妻夫木聡
クラブ「赤い靴」の2代目支配人で、天塩の部下。従業員から支配人まで上り詰めてきた。天塩の女・マリに手を出してしまい、幻の殺し屋・デラ富樫を連れてくることを条件に命拾いする。しかし、なかなか本人が見つからないうちに期日が迫り、苦肉の策で映画撮影と偽って村田にデラ富樫を演じさせることにする。マリとは昔から共に苦労して働いてきた仲で、2人で街から逃げようかどうか迷うことも。撮影所で働いていたこともある。
  • 高千穂マリ(たかちほ マリ)<惑わす女> - 深津絵里
天塩の愛人で、「赤い靴」の元踊り子。自分を側にいさせようと束縛する天塩に嫌気がさし、備後と共に街から逃げようとする。傍若無人で他の人々を振り回すが、親を早くに亡くした苦労人でもある。嫌々ながらも偽の撮影に協力する。時々、天塩のために「赤い靴」で歌っている。
  • 天塩幸之助(てしお こうのすけ)<牛耳る男> - 西田敏行
守加護を牛耳るマフィア・天塩のボス。新興の江洞商会が雇ったデラ富樫に命を狙われたり、愛人のマリを取り戻そうとしてうまくいかなかったり、国税局に目をつけられたりと様々なトラブルを抱えている。
  • 黒川裕美(くろかわ ひろみ)<怖い男> - 寺島進
天塩商会の代貸担当で、天塩の腹心。他人を信用しないが、借りはきっちり返す実直な性格。
天塩商会の会計係。警察に情報を流している噂があり、天塩から命を狙われる。
  • 太田垣直角(おおたがき ちょっかく) - 甲本雅裕
天塩の手下。黒川の弟分として、しばしば一緒に行動する。
  • 知念万丈(ちねん ばんじょう) - 澤魁士
天塩の手下。非常に大柄。

守加護の住人[編集]

  • 鹿間夏子(しかま なつこ)<尽くす女> - 綾瀬はるか
クラブ「赤い靴」の従業員。上司の備後に好意を持つ。最初は偽の撮影に反対するが、備後のために奔走する。
  • 鹿間隆(しかま たかし)<動じない男> - 伊吹吾郎
「赤い靴」バーテンダーで、夏子の父。寡黙だが、いざという時にとても頼れる存在。「赤い靴」の初代主人だったが、店が潰れそうになった時、備後に助けられたことがある。娘と共に備後を助けるが、偽の撮影には初めから乗り気で、カメラマンを務める。
  • マダム蘭子(マダム らんこ)<厚化粧の女> - 戸田恵子
「港ホテル」の女主人。一日に何度も衣装替えをする。
「港ホテル」の滞在客。温厚な老紳士だが、その正体は本物のデラ富樫(EDクレジットではデラ富樫と表記)。愛用の銃器はAR-7
  • 江洞潤(えぼら じゅん)<のし上がる男> - 香川照之
江洞商会会長。天塩商会から暖簾分けして江洞商会を興し、数年のうちに天塩商会を脅かす存在にまでした。デラ富樫の雇い主。
市長でありながら、天塩商会・江洞商会と裏で結びつきがある。
市長と同じく天塩商会らとは癒着関係にある。天塩の中学時代の同級生でもある。
前作『THE 有頂天ホテル』の登場人物。今回はストリートミュージシャンとして姿を見せる。

映画の世界[編集]

映画「黒い101人の女」を撮影している。
同映画のスタッフ。磐田の愚痴ばかり言っている。
  • 磐田とおる(ばんた - )<スターな男> - 中井貴一
同映画の主演俳優。女性ファンが多い。
同映画の登場人物。磐田演じる主人公(実際に演じるのは、スタント役の村田)を射殺する役柄。
歌舞伎俳優。本名は不明。村田とは古い知り合い。
映画「実録・無法地帯」の主演俳優で、芸能界の大物。本名は不明。脇役の演技にうるさい。
  • 猪瀬(いのせ) - 光生
同映画のスタッフ。村田の面倒を見る。
往年のモノクロ映画「暗黒街の用心棒」の主人公。若き日の高瀬が演じていた。
  • 小夜子(さよこ)<モノクロの女> - 鈴木京香
往年のモノクロ映画「暗黒街の用心棒」のヒロイン。

スタッフ[編集]

ソフト化[編集]

2008年12月3日発売。発売元はフジテレビジョン / 東宝、販売元はポニーキャニオン

  • ザ・マジックアワー DVDスタンダード・エディション(1枚組)
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー1(佐藤浩市×監督:三谷幸喜)
      • オーディオコメンタリー2(監督:三谷幸喜)
  • ザ・マジックアワー DVDスペシャル・エディション(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD(スタンダード・エディションと同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • ザ・マジックアワーショー(メイキング番組)
      • 未公開シーン集(三谷幸喜によるコメンタリー収録)
      • キャストインタビュー集
      • 舞台挨拶(完成披露試写、イベント試写、初日舞台挨拶、大ヒット御礼舞台挨拶)
      • メイキングオブ「暗黒街の用心棒」
      • 三谷幸喜1分マジック
      • セットが組み上がるまで
      • 種田陽平 美術の世界
      • 絵コンテ集(マルチアングル仕様)
      • ガンエフェクト
      • 体操の時間
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
      • キャスト・スタッフプロフィール
      • フォトギャラリー
      • ロケ地MAP
      • ザ・メイキングアワー
      • スタッフクレジット
    • 特製アウターケース&デジパック仕様
  • ザ・マジックアワー ブルーレイ(本編BD+特典DVDの2枚組)
    • ディスク1:本編BD(音声特典はDVD版と共通)
    • ディスク2:特典DVD(スペシャル・エディションと共通)

脚注[編集]

  1. ^ スポーツ報知 (2007年7月23日). “三谷監督、街丸ごと作っちゃった”. 2008年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]