よみがえった改心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

よみがえった改心」(よみがえったかいしん、A Retrieved Reformation)は、オー・ヘンリーの短編小説。「よみがえった良心[1]」とも。

平穏な暮らしを得た天才的な金庫破りと、刑事の物語。

あらすじ[編集]

保釈された腕利きの金庫破りジミー・ヴァレンタインは、金庫破りのために訪れたアーカンソー州の田舎町エルモアの銀行で、銀行主の娘アナベルと出会い、互いに恋に落ちる。ジミーはラルフ・スペンサーと名乗りエルモアで靴屋を開業、アナベルの父アダムスにも気に入られ金庫破りの道具を友人に譲って足を洗おうとする。

一方、ジミーが保釈後すぐに起こした何件かの金庫破りの件で彼を逮捕しようと、刑事のベン・ブルースがエルモアへやってくる。

婚礼を目前にし幸せいっぱいのアナベルと「ラルフ」は新しい金庫室を見学しに来た。しかしそこには証拠を見つけてジミーを捕らえるべくベンが来ていた。その時、たまたま一緒にいたアナベルの姉の長女・メイが、次女のアガサ(つまり、「ラルフ」からすれば姪になるはずの少女たち)を子供同士のふざけあいでうっかり新しい金庫に閉じ込めてしまう。辺りはパニックに陥るが、アダムスをはじめ誰も金庫を開けられない。アナベルが思わず「ラルフ」に助けを求めると、彼は金庫破りの道具を使って手際よくアガサを救出した。辺りは歓喜の渦に包まれる中「ラルフ」は覚悟を決めてベンに近づき、自分を逮捕するように言う。しかし、ベンは彼を見逃し、ゆっくりと去っていくのだった。

筋立てを利用した作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『最後のひと葉』金原瑞人 訳 岩波書店 2001年6月

外部リンク[編集]