山田よう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山田 よう子
基本情報
本名 山田 洋子
通称 剛腕
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1979年5月25日(35歳)
出身地 東京都
所属 日本アームレスリング連盟
PUREBRED
身長 155cm
体重 43kg
スタイル アームレスリング
テーマ曲 ウィ・ウィル・ロック・ユー」(クイーン
テンプレートを表示

山田 よう子(やまだ ようこ、本名は山田 洋子、女性、1979年5月25日 - )は、日本日本アームレスリング連盟所属のアームレスラー、PUREBRED所属の総合格闘家エスオベーション所属のプロレスラー東京都出身。長門裕之の妻 南田洋子の従兄弟の娘。

来歴[編集]

本業のアームレスリング2002年から2010年まで全日本アームレスリング選手権大会の50kg級でレフトハンド9連覇中、2003年からはライトハンドでも8連覇中。また、2005年12月の第27回WAF世界アームレスリング選手権大会では、45kg級ライトハンドで日本人女性で史上初の世界王者となった。

総合格闘技ではPUREBRED所属の「大和魂」ことエンセン井上に師事。デビューは2003年4月2日のスマックガール・六本木ヴェルファーレ大会での対坂口一美戦だったが、開始ゴング前の坂口の奇襲に怒った山田が、坂口をフロントチョークで絞め落とすと、試合後は坂口のセコンド相手に乱闘寸前になるという試合だった。その後も、持ち前の腕力とパワーで無傷の3連勝を飾ったが、2006年8月19日のレッスルエキスポ2006村浪真穂戦で初黒星。その後、2008年6月15日の対ナナチャンチン戦(開始わずか1分でKO勝利)まで2年近く、総合格闘技から離れていた。

レッスルエキスポの2か月前の7月2日、「レディゴン祭り」で元気美佐恵相手にプロレスデビュー。2008年に入り、1月27日に「息吹」に初参戦し吉田万里子と対戦。その後も息吹に継続参戦し、2月17日付でエスオベーション所属となった。

2009年12月11日、JEWELS初参戦となったJEWELS 6th RINGMIYOKOと対戦し、1年振りの総合復帰でありながら勝利を収めた。

インターネット[編集]

入場テーマ曲[編集]

同じ「剛腕」をキャッチフレーズに持つゲーリー・グッドリッジの入場テーマ曲。当初はグッドリッジと同じムーブで入場していた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 1 4 1 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
MIYOKO 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 6th RING 2009年12月11日
ナナチャンチン 1R 1:00 KO(右ストレート) DEEP GLOVE 2 2008年6月15日
× 村浪真穂 1R 1:14 腕ひしぎ十字固め レッスルエキスポ2006 夏のお台場・女子格闘技物語
【レッスルエキスポ特別ルール】
2006年8月19日
安才梓 1R 0:10 腕ひしぎ十字固め G-SHOOTO JAPAN 05 2006年5月6日
笠木悠子 1R 4:37 フロントチョーク G-SHOOTO Plus 05 2006年2月24日
大貫はるか 1R 4:12 チョークスリーパー SMACKGIRL 2005 〜Dynamic!!〜
【オープニングファイト】
2005年8月17日
坂口一美 1R 1:09 フロントチョーク SMACKGIRL Third Season-II 2003年4月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]