ジェスチャー (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェスチャー』は、1953年2月20日から1968年3月25日までNHKで放送されたクイズ番組。テレビの特性を生かし、その草創期を代表する番組である。テレビクイズ番組の草分けとして有名だが、テレビ本放送におけるクイズ番組第1号は『私の仕事はなんでしょう』である。

概要[編集]

東京千代田区内幸町に所在していた旧NHKホールからの30分番組で、柳家金語楼率いる白組(男性陣)と水の江瀧子率いる紅組(女性陣)に分かれ、視聴者が応募した問題を解答者がジェスチャーのみで表し、それを時間内に当てていくゲームにより番組は進行した。10年にわたり司会を務めた小川宏(当時NHKアナウンサー)も番組の顔だった。番組演出は富田静が担当した。この手法は、日本テレビシャープ・スターアクション』に受け継がれた。

複数のジェスチャーを組み合わせるための「…は置いといて、」(箱を動かすように両手を横に振る)というポーズが流行した。

なお、番組開始当初の正式タイトルは『家族ゲーム ゼスチャアー』であり、第1回放送 - 第4回放送(1953年6月放送)までは月に1回の放送であったが、第5回放送(1953年7月)から週に1回のレギュラー番組に昇格。これを機にタイトルが『ジェスチャー』に変更された。

放送時間[編集]

  • 金曜 20:00 - 20:30 (1953年2月 - 1954年5月)
  • 月曜 20:00 - 20:30 (1954年5月 - 1954年9月)
  • 金曜 19:15 - 19:45 (1954年10月 - 1955年3月)
  • 月曜 19:30 - 20:00 (1955年4月 - 1957年3月)
  • 火曜 19:30 - 19:59 (1957年4月 - 1964年3月)
  • 火曜 20:00 - 20:30 (1964年4月 - 1966年3月) 

なお、1966年4月 - 1967年3月の間は『私の秘密』とワンセットとなったクイズ枠『クイズアワー』(火曜 20:00 - 21:00)内で放送されていた。そして、1967年4月 - 1968年3月の間は『ファミリーショー』(枠は同じ)内で放送された。

歴代司会者[編集]

出演者[編集]

キャプテン[編集]

常連出演者(事実上のレギュラー格)[編集]

備考[編集]

ゲーム関連[編集]

NHK総合テレビ 金曜20時台前半枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
家庭ゲーム ゼスチャアー

ジェスチャー
(1953年2月 - 1954年5月)
NHK総合テレビ 月曜20時台前半枠
連続ドラマ
ジェスチャー
(1954年5月 - 1954年9月)
テレビ映画劇場
(19:15 - 21:00)
NHK総合テレビ 金曜19:15 - 19:45枠
きょうの話題
(19:15 - 19:30)
バレエハウス
または
テレビ桧舞台
(19:30 - 20:00)
ジェスチャー
(1954年10月 - 1955年3月)
テレビ映画劇場
(19:10 - 21:00)
※月曜19:10から移動
NHK総合テレビ 月曜19時台後半枠
テレビ映画劇場
(19:15 - 21:00)
ジェスチャー
(1955年4月 - 1957年3月)
私の秘密
※枠交換で火曜19:30から移動
NHK総合テレビ 火曜19時台後半枠
私の秘密
※枠交換で月曜19:30へ移動
ジェスチャー
(1957年4月 - 1964年3月)
NHK総合テレビ 火曜20時台前半枠
お笑い三人組
※30分繰り下げ
ジェスチャー
(1964年4月 - 1966年3月)
太陽の丘
(20:00 - 21:00)
NHK総合テレビ 月曜20時台前半枠
私の秘密
※『クイズアワー』に編入、
30分繰り下げ
ジェスチャー
(1966年4月 - 1967年3月)
※『クイズアワー』内
ファミリーショー
(20:00 - 21:00)
※当番組を内包
NHK総合テレビ 月曜20時台
クイズアワー
※当番組を独立
ジェスチャー
(1967年4月 - 1968年3月)
※『ファミリーショー』内