私の秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

私の秘密』(わたしのひみつ)とは、1956年4月14日から1967年3月27日までNHK総合テレビで放送されていたクイズ番組である。当時のアメリカの人気番組『I've Got a Secret』の日本版として製作された。

放送時間は、当初は毎週火曜日 19:30 - 20:00だったが、1年後に『ジェスチャー』との枠交換で毎週月曜日 19:30 - 20:00に移動、1964年4月からは月曜 20:00 - 20:30に放送されるようになった。当初は白黒放送で、途中からカラー化された。全601回。

なお、1966年4月4日以降は『ジェスチャー』とワンセットとなった『クイズアワー』(月曜 20:00 - 21:00)内で放送された。

概要[編集]

毎回素人参加者が数名登場しその参加者の持つ特技、趣味、自慢などを渡辺紳一郎藤原あき藤浦洸塩月弥栄子ら著名人などの解答者が当てるというものであった。今日のクイズ番組のように最多正解者を表彰するような形態はなく、どちらかといえばトークショー的な要素が強かった。また、「ご対面」のコーナーもあった。1959年には第7回菊池寛賞を受賞した。

司会者は当時NHKアナウンサーであった高橋圭三が最初に担当し、番組の冒頭の挨拶では「事実は小説より奇なりと申しまして、世の中には変わっためずらしい経験をお持ちのかたがたくさんいらっしゃいます」が決まり文句であった。高橋にとってこの番組は出世作となった。

高橋がNHKを退職してからは後輩の八木治郎(1962年4月 - 1966年3月)、長谷川肇(1966年4月 - 1967年3月)が司会を担当。後任の2人も、後に民放へと活躍の場を移している。

2003年3月にはNHKテレビ放送開始50年を記念し、BS2の『今夜復活 連想ゲーム 私の秘密』の中で復活版が放送された。このときの司会者は当時NHKアナウンサーであった宮川泰夫が務めた。

視聴率[編集]

視聴率の出典は『放送五十年史 資料編』より。

NHK調べ[編集]

  • 1955年夏季(京浜地区) - 38.0%
  • 1956年夏季(京浜地区) - 37.8%
  • 1957年夏季(京浜地区) - 33.4%
  • 1958年夏季(東京地区) - 46.6%
  • 1959年夏季(東京地区) - 48.5%
  • 1960年夏季(東京地区) - 40.0%
  • 1961年夏季(全国) - 36.9%
  • 1962年夏季(全国) - 33.2%
  • 1963年夏季(全国) - 31.5%
  • 1964年夏季(全国) - 28.9%
  • 1965年夏季(全国) - 24.4%
  • 1966年夏季(全国) - 28.0%

電通調べ[編集]

  • 1958年(関東地区) - 64.9%
  • 1959年(関東地区) - 61.3%
  • 1960年(関東地区) - 46.3%
  • 1961年(関東地区) - 42.9%
  • 1962年(関東地区) - 45.5%
  • 1963年(関東地区) - 38.6%
NHK総合テレビ 火曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
素人ラジオ探偵局
または
とんち教室
(19:10 - 19:40)
※ラジオ同時放送
スペシャル・イヴェント
(19:40 - 21:00)
私の秘密
(1956年4月 - 1957年3月)
ジェスチャー
※枠交換で月曜19:30から移動
NHK総合テレビ 月曜19時台後半枠
ジェスチャー
※枠交換で火曜19:30へ移動
私の秘密
(1957年4月 - 1964年3月)
NHK総合テレビ 月曜20時台前半枠
私の秘密
(1964年4月 - 1966年3月)
クイズアワー
(20:00 - 21:00)
※この番組を内包
NHK総合テレビ 月曜20時台後半枠
私の秘密
(1966年4月 - 1967年3月)
※『クイズアワー』内
ファミリーショー
(20:00 - 21:00)
※『ジェスチャー』を独立&内包