平和のための平壌国際体育・文化祝典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平和のための平壌国際体育・文化祝典(へいわのためのピョンヤンこくさいたいいく・ぶんかしゅくてん)は、1995年4月28日4月29日平壌綾羅島メーデー・スタジアムで行われたプロレス興行である。新日本プロレス創業者アントニオ猪木が、師匠力道山朝鮮半島出身であったことなどから強力に推進し、新日本・当時新日本と提携していたWCWの外国人選手などからなる興行となった。なお、メーンで対戦した猪木とリック・フレアーはこれが初対戦であった。

全試合[編集]

1995年4月28日 綾羅島メーデー・スタジアム 観衆15万人

第1試合
シングルマッチ 20分1本勝負
永田裕志 vs. 石沢常光
第2試合
全日本女子プロレス提供試合 20分1本勝負
ブル中野北斗晶 vs. 豊田真奈美吉田万里子
第3試合
シングルマッチ 20分1本勝負
馳浩 vs. ワイルド・ペガサス
第4試合
タッグマッチ 20分1本勝負
蝶野正洋ヒロ斎藤 vs. エル・サムライ安田忠夫
第5試合
シングルマッチ 20分1本勝負
フライング・スコーピオ vs. 大谷晋二郎
第6試合
シングルマッチ 20分1本勝負
佐々木健介 vs. マサ斎藤
第7試合
シングルマッチ 20分1本勝負
橋本真也 vs. スコット・ノートン

1995年4月29日 綾羅島メーデー・スタジアム 観衆19万人

第1試合
シングルマッチ 20分1本勝負
永田裕志 vs. ヒロ斎藤
第2試合
全日本女子プロレス提供試合 20分1本勝負
北斗晶 vs. ブル中野
第3試合
シングルマッチ 20分1本勝負
ブラック・キャット vs. エル・サムライ
第4試合
シングルマッチ 20分1本勝負
ワイルド・ペガサス vs. フライング・スコーピオ
第5試合
タッグマッチ 20分1本勝負
スコット・ノートン蝶野正洋 vs. 野上彰飯塚孝之
第6試合
シングルマッチ 20分1本勝負
ロード・ウォリアー・ホーク vs. 安田忠夫
第7試合
タッグマッチ 20分1本勝負
スコット・スタイナーリック・スタイナー vs. 馳浩佐々木健介
メインイベント
シングルマッチ 20分1本勝負
アントニオ猪木 vs. リック・フレアー

エピソード[編集]

  • 佐々木健介は、今大会に参加していた北斗晶に一目惚れし、帰国後に結婚を申し込む。北斗もこれを快諾し、異例の早さでの結婚となった。
  • 2日目の観客動員数は19万人で、プロレス史上最多記録である(ただし、現地人観衆の大半は文字通りの「動員」である)。
  • この興行で新日本プロレスは8000万円の債務を抱え、一部は長州力が個人的に保証人となった。債務は直後のUWFインターとの対抗戦の大入りで完済された。