ソラキチ・マツダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソラキチ・マツダ

ソラキチ・マツダ1859年?-1891年8月16日)は、福井県出身で伊勢ヶ濱部屋所属の元力士、元プロレスラー。身長166cm、体重77kg。本名:松田幸次郎(まつだ こうじろう)。日本人初のプロレスラーと言われ、アメリカで活躍した。

来歴[編集]

大相撲時代[編集]

1859年(1862年説もある)福井県の漁師の子として生まれる。明治期の東京相撲四股名荒竹寅吉として伊勢ヶ浜部屋に所属していたが、序二段で廃業。

プロレスラー時代[編集]

力士廃業後アメリカ人興行師の誘いがあり渡米。1883年1月14日ニューヨークでプロレスラーとしてデビューする。デビュー戦の相手は当時のトップレスラーの一人であるイギリス人エドウィン・ビッピー(Edwin Bibby)であったが試合には敗れた。同年3月の試合で、ジェームス・ダレイ(James Daley)相手に初勝利を収める。その後アメリカ各地をサーキットし、ウィリアム・マルドーンら当時のトップレスラーと数多く試合をした。

1884年ミドル級チャンピオン(何のタイトルマッチであるかは不明)となり、母国日本の新聞でも報じられた。生涯最後の試合は1891年5月13日のマーチン・バーンズ(Martin Burns)戦である。同年(1891年)8月16日に死去。

エピソード[編集]

  • リングネームの「ソラキチ」(Sorakichi)は、力士時代の四股名の寅吉(とらきち)をリングネームとして書類にサインした際、Tの文字が読みにくく、Sに読み間違えられてしまったものという説と、単純に「トラキチ」という発音がし辛いため「ソラキチ」と呼ばれるようになった説がある。
  • 1885年にホーソン・ロッジという女性と結婚したと伝えられる。

外部リンク[編集]

以下、リダイレクトページ「荒竹寅吉」のカテゴリ