東武亀戸線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道 亀戸線
東あずま - 亀戸水神間を走行する電車(2011年12月23日)
東あずま - 亀戸水神間を走行する電車
(2011年12月23日)
路線総延長 3.4 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
地図
停車場・施設・接続路線

廃駅の数字は書類上の廃止年

uexSTRq
uexSTRq
都電25, 29, 38系統
STRq
STRq
JR東総武線
STRrg
0.0 TS-44 亀戸駅
eBHF
0.5 亀戸水神駅 (I) -1946
BHF
0.7 TS-43 亀戸水神駅 (II) 1946-
eBHF
0.9 北十間駅 -1946
WBRÜCKE
北十間川
BHF
1.4 TS-42 東あずま駅 1956-
STR
平井街道駅 -1945
BHF
2.0 TS-41 小村井駅
eBHF
2.1 天神駅 -1957
eBHF
2.5 十間橋通駅 -1958
eBHF
2.8 虎橋通駅 -1945
STRrg KRZu STRq STRq
京成押上線
STR STR STRrg STRq
伊勢崎線とうきょうスカイツリー・浅草方面
STR ABZlf ABZlg STRrg
伊勢崎線押上・半蔵門線方面
STR
3.4 TS-04 曳舟駅
HST ABZrg STRrf
京成曳舟駅
STRrf STR
STR
伊勢崎線
亀戸駅から二つ目の踏切を通過する曳舟行の列車。高架橋はJR越中島支線(2009年7月11日撮影)
住宅街の中を通る(亀戸水神駅
住宅街の中を通る(小村井駅
方面標識の色は日光線系統と同じオレンジ系(小村井駅

亀戸線(かめいどせん)は、東京都江東区亀戸駅墨田区曳舟駅を結ぶ東武鉄道鉄道路線である。ラインカラーは青色駅ナンバリングの路線記号はTS

路線データ[編集]

  • 路線距離:3.4km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:5駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:亀戸 - 曳舟駅手前(曳舟駅構内は単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式

運行形態[編集]

2両編成の電車が、亀戸駅 - 曳舟駅間を往復する。平日朝ラッシュ時は3編成を使用し、約7 - 8分間隔で運行。それ以降および土休日は、深夜・早朝帯を除いて2編成を使用し、約10分間隔で運行されている。全列車各駅停車の普通列車であり、区間運転や他路線への直通運転はない。全線でワンマン運転を実施している。駅のプラットホームにホームセンサーが設置されていて、このセンサーを用いて安全確認をしている。 ワンマン化されてからは先にワンマン化された大師線と車両運用が共通化されたために、朝ラッシュ時のみ運行される編成が9時台に亀戸駅2番線に留置され、昼過ぎに西新井駅まで回送運行されて13時14分発大師前駅行きとして大師線の運用に入る。

通常、曳舟駅では5番線での発着となるが、曳舟駅6時25分発亀戸駅行のみ、春日部支所から回送で送り込まれるために4番線からの発車となる。

使用車両[編集]

過去の使用車両[編集]

  • 5000系(2両編成)
  • 10000系(2両編成・ワンマン運転開始に伴い撤退)

歴史[編集]

東京と埼玉・群馬・栃木県を結ぶため1897年(明治30年)に設立された東武鉄道は、当初本所(業平橋)としていた起点を東京湾に近い越中島へ延長する計画を立てたが、越中島 - 本所 - 千住間は審査に慎重を要するとして、すぐには免許が下りなかった。そのため、日本鉄道海岸線(現・JR常磐線)の北千住駅を起点に久喜駅までが、1899年(明治32年)8月に東武鉄道最初の区間として開業した。

東武鉄道は、再び北千住 - 越中島間の敷設願を、途中下大畑(曳舟付近)から分岐して小梅瓦町(吾妻橋駅として開業、後の浅草駅、現・とうきょうスカイツリー駅)まで、亀戸から分岐して本所までの支線を加えて提出した[1]。免許は1900年(明治33年)6月に下り、その一部として、1902年(明治35年)には北千住 - 吾妻橋間が、1904年(明治37年)4月5日に亀戸 - 曳舟間が開業した[1]。開業当初、中間駅は天神駅(現・小村井 - 曳舟間)のみであり、非電化蒸気運転であった。亀戸 - 曳舟開業と同時に、総武鉄道(現・JR東日本総武本線)亀戸 - 両国橋(現・両国)間への直通運転を開始し、同日開業した両国橋駅に乗り入れた[1]。これにより、東武鉄道の吾妻橋 - 曳舟間は廃止され、亀戸 - 曳舟間が本線格の扱いとなった。亀戸 - 本所間の免許は総武鉄道に乗り入れたことで不要となり同年9月に廃止した[1]

乗り入れていた総武鉄道の国有化を機に、ターミナルを吾妻橋駅に戻すことになり、1908年(明治41年)3月に吾妻橋 - 曳舟間が貨物線として再開。1910年(明治43年)3月に吾妻橋駅を浅草駅と改称して、同区間の旅客営業を再開すると、亀戸 - 曳舟間は支線となった。しかし、国鉄常磐線から北千住駅で連絡運輸を行う両国橋行きの貨物列車は引き続き亀戸線を経由した(詳細は「新金貨物線#沿革」を参照)。一方で、亀戸から越中島までの延伸計画も、敷設予定地の市街化が進み、用地取得が困難になってきたことなどから着手できず、1910年(明治43年)8月に免許が失効した。1911年(明治44年)には西平井(東陽町駅付近)までの延伸に計画を変更したが、免許取得までは至らなかった。さらには新橋駅までの延伸構想もあった[2]

1926年(大正15年)7月1日、国鉄が総武本線の新小岩駅と常磐線の金町駅を結ぶ貨物専用の短絡線新金線を開通させたことで、国鉄からの貨物列車の直通はすべてなくなりローカル線となった。第二次世界大戦中は、東京大空襲により、中間駅が焼失、廃止・休止になった。

戦後は、伊勢崎線沿線の開発に伴い、輸送客が伸びていた。その後1962年(昭和37年)5月31日北越谷駅 - 人形町駅間での伊勢崎線・営団地下鉄(現・東京メトロ日比谷線相互乗り入れ開始に伴い、都心への通勤ルートが大きく変化し、本路線の乗客は減少した。

それ以来、特に大きな変化はなかったが、2003年(平成15年)3月19日東京メトロ半蔵門線が押上まで延伸開業して伊勢崎線・日光線との相互直通を始めると同時に平日朝間帯の本数削減を中心としたダイヤ改正が行われた。

年表[編集]

  • 1904年(明治37年)4月5日 亀戸 - 曳舟間 (3.4km) 開業。総武鉄道両国橋(現・両国)まで乗り入れ。
  • 1905年(明治38年)7月6日 天神駅営業休止。
  • 1907年(明治40年)9月1日 乗り入れ先の総武鉄道が国有化されるも、乗り入れは継続。
  • 1908年(明治41年)4月4日 天神駅廃止、中間駅がなくなる。
  • 1910年(明治43年)3月27日 総武本線への直通運転を廃止。
  • 1918年(大正7年)3月27日 全線を軽便鉄道法による軽便鉄道に変更。
  • 1925年(大正14年)9月4日 天神駅再開業。
  • 1928年(昭和3年)4月15日 亀戸線全線電化。同時に中間駅として、亀戸水神駅、北十間駅、平井街道駅(現・東あずま駅)、小村井駅、十間橋通駅、虎橋通駅が開業。
  • 1943年(昭和18年)12月26日 虎橋通駅営業休止。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月10日 東京大空襲により、虎橋通駅廃止。
    • 5月20日 平井街道駅廃止、北十間駅・十間橋通駅休止。
  • 1946年(昭和21年)12月5日 北十間駅と亀戸水神駅を移転統合、亀戸水神駅とする。北十間駅は廃止。
  • 1956年(昭和31年)
    • 5月20日 旧・平井街道駅の位置に東あずま駅を開業(事実上の再開)。
    • 10月31日 天神駅営業休止。
  • 1957年(昭和32年)5月20日 天神駅廃止。
  • 1958年(昭和33年)10月22日 十間橋通駅廃止。
  • 2004年(平成16年)10月19日 ワンマン運転開始。
  • 2012年(平成24年)3月17日 全駅に駅ナンバリングを導入。

駅一覧[編集]

全駅東京都に所在。

駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線 所在地
 
TS-44 亀戸駅 - 0.0 東日本旅客鉄道総武線(各駅停車) 江東区
TS-43 亀戸水神駅 0.7 0.7  
TS-42 東あずま駅 0.7 1.4   墨田区
TS-41 小村井駅 0.6 2.0  
TS-04 曳舟駅 1.4 3.4 東武鉄道:伊勢崎線(東武スカイツリーライン)

廃駅[編集]

  • 北十間駅(亀戸水神 - 東あずま間、1945年5月20日休止、1946年12月5日廃止)
  • 天神駅(小村井 - 十間橋通間、1956年10月31日休止、1957年5月20日廃止)
  • 十間橋通駅(天神 - 虎橋通間、1945年5月20日休止、1958年10月22日廃止)
  • 虎橋通駅(十間橋通 - 曳舟間、1943年12月26日休止、1945年3月10日廃止)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 鉄道省『日本鉄道史』中編、1921年、p.629
  2. ^ 鉄道ピクトリアル」1997年12月臨時増刊号102ページより。

参考文献[編集]

  • 寺田裕一「大手私鉄の小さな径12 東武鉄道亀戸線・大師線」『鉄道ジャーナル』2003年12月号、鉄道ジャーナル社、pp.103-106.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]