桜井誠 (活動家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくらい まこと
桜井 誠
生誕 1972年(昭和47年)2月15日
日本の旗 日本福岡県北九州市
住居 東京都江戸川区
国籍 日本の旗 日本
別名 Doronpa
出身校 福岡県立中間高等学校
団体 東亜細亜問題研究会
在日特権を許さない市民の会
原発の火を消させない国民会議
影響を受けたもの 西村修平水島総
テレビ番組 ジェネレーションジャングル
日本文化チャンネル桜
肩書き 東亜細亜問題研究会 代表
在日特権を許さない市民の会 会長
原発の火を消させない国民会議 会長
敵対者 安田浩一有田芳生野間易通李信恵
宗教 仏教神道
宗派 浄土真宗本願寺派
公式サイト
Doronpaの独り言
在特会による外国人参政権に反対する新宿デモ。2010年1月24日

桜井誠(さくらいまこと、1972年昭和47年)2月15日 - )は、日本政治活動家在日特権を許さない市民の会会長。

「桜井誠」はペンネームであり通称。かつて韓国中国の近現代史をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」[1]の管理人を務めていた。トレードマークはノージャケットに蝶ネクタイサスペンダー

名称[編集]

通常の活動では本名ではなく「桜井誠」と名乗っている。理由は本人の弁によると、最初の著書を出版する際、本名でペンネームでもよいと申し出たが、出版社が左翼の襲撃を恐れてペンネームで本を出させ、このペンネームで有名になったため現在もこの名を使用しているとのこと[2]

なお、テレビ出演の際には「木村誠」を称していた事もある。ここでも、本人は本名で構わないと言ったものの、製作担当者に「木村誠」の名札を付けるように言われたのだという[3]。とはいえ、結果として彼は「桜井誠」の名前で人々に知られるようになり、今現在ではペンネームのみならず通称となっている。

2012年11月14日の京都地裁にて行われた京都朝鮮学校公園占用抗議事件民事裁判第15回口頭弁論においては、裁判官に本名で促されてから「はい」と答え、証言台に上がっている。尋問自体は、社会的に通用している「桜井」の通称で行われた。

略歴[編集]

福岡県北九州市出身[4]

20代前半まで地元で過ごしたのち、上京。警備員市役所非常勤職員を経験した[5]

また、インターネットを通じて韓国について独学を進め、「韓国という国は、知れば知るほど嫌いになる希有の国」[6]という認識を持った。最初のうちは中央日報電子版の翻訳掲示板に出入りし、「konkon」というハンドルネーム韓国人たちと討論を行う。後に、韓国の子どもたちへ「『考えること』を教えよう」との考え[6]から、利用者年齢層の低いネイバーに移る。この頃からハンドルネームDoronpaを使い始めた。その後、自身のウェブサイト「不思議の国の韓国」「Doronpaの独り言」を開設した。

2010年に取材を受けたニューヨークタイムズ紙によれば、当時の本業は税金関係と報じられ[7]税理士ではないかという推論がネット上に流れた。しかし、安田浩一が、「あなたの職業が税理士というのは本当か」と尋ねたところ、桜井自身は「そんなこと答えた覚えはない」と明確に否定している[8]。さらに同紙の取材に対して、自らの活動をネオナチと比較されることを拒んだうえで、米国のティーパーティー運動を手本に活動していることを明かした。外国人リベラル系メディア、左派系政治家が国を支配しているせいで道を誤るという、茶会と同じ危機感を持つことがでてきたためという[9]

2013年(平成25年)6月16日、東京・新宿で行われた他団体のデモに参加しようと新宿駅に来た所、待ち伏せしていた対立団体「レイシストをしばき隊(現・対レイシスト行動集団)」のメンバーらとと小競り合いになり、しばき隊のメンバーにメガネを奪われたため被害届を新宿署に提出しに行った所、しばき隊側が桜井のつばがかかったため相被疑であると主張して、共に現行犯逮捕されたが[10][11][12]勾留延長はされず48時間以内に釈放され不起訴となった。桜井は釈放後のニコニコ生放送で、デモ前の新宿駅でのもみ合いの過程で「つばがかかった・かからない」といった程度のことで逮捕されただけであるのにマスコミはデモ中での暴行事件と報じた、なおかつ不起訴つまり無罪であったのに顔写真、実名、住所まで報道しておきながら続報は伝えない偏向報道であると主張した[13][14] また、自身のTwitter及びブログ上で、しばき隊及び関連団体の男組を「準暴力団」「広域犯罪組織」などと批判している[15][16]

活動[編集]

活動はブログ、講演、街頭宣伝、そして動画投稿サイトによる問題提起及び問題当事者への抗議である。2005年初頭から一時期、日本文化チャンネル桜への不定期出演を行う。

2003年(平成15年)頃からDoronpaというハンドルネームでネット上の「日韓翻訳掲示板」に登場し、主に韓国問題を議論すると共に、自らのブログでも同様の主張を展開[17]。2005年(平成17年)1月、「会社員・木村誠(32)」と名乗り、朝鮮問題に詳しいブロガーとしてテレビ番組ジェネレーションジャングルに出演したことがある。番組において、日本会議系の自由主義史観に基づく出版物から得た情報に基づいて韓国の歴史教育のあり方を批判した。一方、眞鍋かをり堂本光一ら出演者は「極端な例を持ち出しても話にならない」、木村祐一は「愛がなかったらあかん」と指摘した。

活動の主体は、街頭宣伝とYouTubeニコニコ動画での動画配信である。上記トレードマークの装いで関係者とともに全国各地を訪ね、街頭で日韓関係をはじめ様々な問題の糾弾を行っている。糾弾のテーマは主に在日韓国・朝鮮人による在日特権の不当行使、日中韓の外交問題、朝鮮総連による北朝鮮へのテロ支援行為、在日による犯罪行為、中国人をはじめとしたその他の在日外国人による犯罪行為、密入国者・不法滞在者とその支援者、アメリカ合衆国の戦争犯罪アメリカ軍兵士が過去に日本で犯した犯罪行為のほか、外国人参政権等の推進を公約として活動している政党などを糾弾の対象としている[18]。また、埼玉県蕨市で偽造パスポートによって不法滞在していたフィリピン人家族の日本への特別在留許可申請に対しても抗議街宣を行った[19]

街宣活動では、瀬戸弘幸主権回復を目指す会(主権会)の西村修平など、他の保守系活動家と行動を共にすることもあり、彼らのブログなどでも活動報告、カンパの呼び掛けが行われている。全国紙上にもコメントが掲載され、2009年(平成21年)6月18日付けの『朝日新聞』全国朝刊3面には在特会による運動の取材記事と桜井のインタビューが掲載された。

保守派系市民団体における活動[編集]

2000年代から活動が目立つようになった「行動する保守」の一人。

東亜細亜問題研究会[編集]

日本と、保守派の主張する「特定アジア」との関係、および朝鮮半島史について史料研究を行う自由主義史観派市民の集まりである。

在日特権を許さない市民の会(在特会)[編集]

  • 公称1万人を超す会員を有する団体。在日韓国・朝鮮人が持つ特別永住資格や通名の使用を在日特権だとして[20]これに反対し、在日特権を日本からなくすことを目的に設立された。正式発足は2007年(平成19年)1月20日。
  • 2008年(平成20年)の大会は保守系の地方議員3名を来賓に招いて挙行され、130人ほどが集まった。同年の終戦の日には約40名の会員を動員して靖国神社前で街宣し、同時に朝鮮総連中央本部に対して抗議デモ、及び反天連の反靖国デモに抗議を行った。晩秋には、朝鮮半島問題の渦中にある対馬およびウトロ地区朝鮮大学校周辺に約60人の会員を率いて乗り込み、問題の関係者や地元行政に抗議する街宣を行った。
  • 2009年(平成21年)からは、街頭において100人以上を動員する街宣をコンスタントに行うようになった。以下、警察発表によれば、4月13日には120名の会員を集めて埼玉県蕨市で密入国者や不法滞在者への抗議デモを行う。5月3日には、約450人を集め、同31日には約250人を集めて街宣。6月13日には175人の会員を京都市役所前に集めてデモを行った。このデモに際しては、韓国民団が支持する左派集団から事前に「反撃」の予告を受けていた。予告通り、デモの際に当該左翼集団と遭遇し、双方が互いを激しく罵りあう騒ぎがあった。この騒ぎの中で、桜井が当該左翼集団のシンパとみられる男性から暴行を受ける事件が発生した。なお、在特会によると、当該左翼集団は6月13日に京都において実施されたデモにおいて国旗である日章旗(日の丸)を冒涜していた[21]。7月には、鳥肌実とのトークショーと晩餐会を名古屋市にて開催し、約110名の会員を三鷹市福岡市に集めてデモを行った。8月1日~3日には、三鷹市の協働センターにおいて開催された「従軍慰安婦」に関するイベントに抗議するため、首都圏在住の約120名の会員が会場前に3日間にわたって陣取り続け、同地で3日間連続で街宣した。それと同時に、京都府富山県においても、会員有志が「従軍慰安婦」に関するイベントへの抗議行動を行った。四国でも、会員有志が「津賀ダム朝鮮人強制連行慰霊祭」に対して「在特会有志は、韓国による歴史の虚偽歪曲ねつ造、歴史修正主義を許しません。竹島問題の解決なくして、真の日韓友好はありません」との抗議声明を発した。終戦の日である同月15日には約520名の会員らを靖国神社付近に動員し、街宣活動及び反天連への抗議活動を行い、機動隊の阻止を突破し反天連のデモ隊と乱闘し、解散地点まで追いかけた。翌16日には、三鷹市の三鷹市公会堂において、東京都議会議員古賀俊昭を招いて「慰安婦フェスティバル」を有料で開催し、1000円の参加費を支払って来場した220名の客に対し、在特会が所蔵する李氏朝鮮朝鮮総督府時代の史料の閲覧コーナーや弁士の演説を披露した。8月30日、桜井はニコニコ生放送を通じてチャンネル桜を批判し、事実上の絶縁宣言を行った[3][4]。チャンネル桜側もこれに応じ、水島総社長が桜井との絶縁を宣言する声明を発した(後に和解し、同じ日本を愛する者として2010年(平成22年)に開催された水島が幹事長を務める頑張れ日本!全国行動委員会のデモ行進を支持したり[5]、チャンネル桜にも出演している[6]、2011年(平成23年)9月2日に行われた朝鮮学校無償化に対する街宣では親交的な場面が見られている[7])。
    • 9月27日には、秋葉原に約800名(警察発表では750名)の会員を集め、「国民主権の堅持・外国人参政権反対」を訴えるデモを行った。このデモの最中に、「排外主義反対」と書かれた紙を持って立っていた男性と小競り合いが生じた。付近は一時騒然としたものの警察官が止めに入り乱闘事件は収束した[22]。このデモを警備していた警察部隊は、事件の一部始終を確かに認識していたが、現場で両者の引き離しを行うにとどまった。
    • 11月1日、桜井は、地方議員1名と村田春樹ら会員45名を伴って、東京都小平市に在る朝鮮大学校に向かい、行われていた学園祭の見学を申し入れたが、ブルーリボンバッジの着用を理由に拒否されたため、急遽「抗議行動」に切り替えた。その際、北朝鮮を支持する日本の左派や在日朝鮮人が反撃に現れて双方もみ合いとなったため、警察が出動して騒ぎを収拾した。
    • 12月20日、京都府宇治市ウトロ地区に約200名の会員を動員し、当該地区住民グループが過去に犯した罪や、その「在日特権にまみれた生き様」を糾弾するデモを行った。
    • 2010年(平成22年)8月10日 - 2009年(平成21年)12月に、京都朝鮮第一初級学校が近隣の公園を不正使用しているとの主張に基づき、不正使用中だとされる公園で街宣を行いその際に公園内に学校側が設置した備品を撤去し学校に返却しようとして、受け取らない学校側と小競り合いになった4幹部が、学校の告訴を受け捜査中の京都府警察に、威力業務妨害暴力行為等処罰ニ関スル法律違反(集団的器物損壊)・名誉毀損容疑で逮捕された際に、桜井誠宅にも関係先として家宅捜索が入った[23][24]
    • 2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災に際し、桜井は所属している東京都災害時支援ボランティアの一隊員として消防署に出頭し、帰宅困難者の救援を行う。また、震災の直後には在特会に義援金と救援物資の調達を指示し、千風の会と合同で被災地への救援物資輸送のボランティア活動を行った。
  • 桜井は河野談話の白紙撤回を求める市民の会の賛同人でもある。同会は2008年(平成20年)1月26日に女たちの戦争と平和資料館に対し、「慰安婦は嘘つきであり、唯の売春婦である。慰安所でも強姦が存在しなかった以上、日本政府にはなんら責任はない。”性奴隷”とは、ナチスが行った強姦などの犯罪行為の被害者となったユダヤ人の女性たちのことを指すものであり、売春婦のことを性奴隷とは呼ばない」「反日勢力による歴史修正を許さない」とする持論を展開するデモを行った。この時桜井もデモに参加しており、後日ブログでその報告をしている。また、名古屋市で同年4月17日に開催されることになっていた「元慰安婦」の講演会に対して、在特会愛知支部が会場に予定されていた貸しホールに抗議を行い[25][26]、講演会が開催直前に「保守系団体の抗議行動により会場のキャンセルを余儀なくされた」との報道[27]を受け、自身のブログおよび在特会のホームページにて「反日左翼の妄動を行動する保守運動が初めて未然に防いだ」と述べている[25][26]

原発の火を消させない国民会議[編集]

福島第一原子力発電所事故以降、日本国内で活発になっている急進的な反原発の動きに危機感を抱き、桜井が有志らと結成した組織。反原発デモに対する直接の抗議活動を行った。会長は原発維持派の桜井、書記長は原発推進派で在特会筆頭副会長の八木康洋(東大工学部卒)が務めている。八木と原発推進運動を共にする主要な活動家は、日本の自存自衛を取り戻す会幹部の永井清之(京大工学部卒)。関西に支部が存在したが、2013年現在は休眠中[28]

桜井らは、反原発の動きが反日左翼団体、反日外国人(主に在日韓国・朝鮮人など)、中核派などの「極左暴力集団[29]が電力不足にする事で日本を衰退させることを目的として行っているものと主張しており、原発の即時停止など急進的な反原発に反対し、代替エネルギーが確保できるまで原発の再稼働による電力の確保が必要であると主張している[29]。なお、国民会議らが抗議活動を行った、6月11日の東京での原子力発電所反対デモでは、朝鮮語ハングル文字)表記が確認されていたり[29]、反原発活動に中核派革マル革労協などの極左過激派(極左暴力集団)が参加しているのが確認されている[30]。また桜井は原発の推進を主張しているわけではないと述べている他、原発再稼動の必要性を主張している[29]

原発関連の活動では、国民会議が主催団体で在特会は協賛団体となっている[31]。この団体に賛同する団体は新攘夷運動 排害社、日本侵略を許さない国民の会(日侵会)など複数存在しており、共同で街宣活動をしていることがある[29]

桜井は左翼の主張する反原発運動は日本の電力の安定供給が危うくなり、経済が成り立たないとも主張し、電力不足は左翼が主張する「社会的弱者」が一番に犠牲になるとも主張している他、現段階の日本は原発に頼ざろうえないとも述べている[32]

西村修平との関係[編集]

桜井にとって主権会会長の西村修平は師匠のような存在であり、桜井自身は「行動する保守運動のスタイルを固めた人物でもある」と語っている。2007年(平成19年)夏に桜井は西村と出会い、その街宣テクニックを学び取ったことは、彼の運動スタイルに劇的な変化をもたらしたとされる[33]。その一方、西村は当時の桜井について「最初はおとなしくて臆病な男だった」「僕の活動におそるおそるという感じで参加していたが、ぼけぇっと突っ立っているだけだった」と語っている[34]。このような桜井と西村の師弟関係が崩れたのには2つの理由があった。以下は桜井の発言による。

一つ目は、在特会・主権会の混成メンバーからなるチーム関西が引き起こした事件での西村修平の態度である[35]。大阪水曜デモ妨害事件の際、チーム関西のメンバーの一人が戸田久和門真市議とトラブルになり、西村は彼を切り捨てようとした[35]。桜井はこのデモが主権会主催であり西村が指揮していたことから、その事後処理をきちんとするように西村に訴えたが聞き入れられず、路線の違いが露わになった[35]

また、京都朝鮮学校公園占用抗議事件の際、西村が逮捕される疑いのあったチーム関西のメンバー4人(この中には主権会関西支部長の中谷辰一郎もいた)を見捨てたこともあった[35]。逮捕後、西村は見捨てたはずの中谷の弁護士費用を負担すると言うなど矛盾する言動をとったが、その家族の面倒を見切れなかったこともあって、在特会に負担を強いた[35]。2013年10月、京都事件の地裁判決で1200万円の賠償を命じられ控訴のため供託金1000万円を供託しなければならなくなった際、デモの主催が主権会であったにもかかわらず、西村修平は主権会負担分の供託金の支払いを拒否した[35]。桜井はデモにおける西村修平の言動が高額賠償に繋がったとし、きちんと責任を取るべきだと主張している[35]

二つ目は、西村修平が組織暴力団の幹部と関係を持っていたこであり、桜井は関西の件よりもより悪質だと主張している[36][37]。桜井は関西での関係が悪化する前、西村にどうしても会いたいと紹介された人物に会い、名刺を渡されたときは肩書も何もなかったので普通の人かと思ったが、眼光が普通の人間と違うので怪しいと思った[37]。桜井が暴力団関係に詳しい友人の天国太平に調査させたところ、その人物は警察庁が実名を挙げて排除すると宣言していた組織暴力団構成員の実働部隊トップであったという[36][37]。桜井は警察の暴力団への締め付けが近年とても厳しくなり、そのために新たなシノギとして市民団体を利用しようとし、右派市民団体の中でも1万人以上の会員数を誇る在特会と接触を図ろうとしたのではないかと推測した[37]

桜井はこの事実を知ったのち、西村が「警察が主権会を潰された」と主張しているのを聞き、そうなるのは当たり前だったとしている[37]。また、市民団体を名乗る者が組織暴力団と付き合うのは非常に問題であるとし、主権会と袂を分かった[37]。その反面、何が西村を狂わせたのかと残念がった[37]

政治的立場[編集]

自由民主党民主党のいずれでもない第3の選択肢として、維新政党・新風に注目しているが、2009年(平成21年)8月30日の総選挙の際には民主党への反発、および自民党に仕方なく投票したと述べている[38]。民主党については旧社会党系議員に対しては批判的だが、都議会民主党(いずれも当時)議員の土屋敬之と吉田康一郎は頻繁にデモや集会に来賓として出席している。日本共産党社会民主党などの左派政党を敵視している[39]

自民党政権については、福田康夫内閣を「左派」として攻撃する立場をとっていた。麻生内閣については、経済政策は評価しつつも、「自民党は自滅した」「田母神俊雄航空幕僚長を不当に罷免した」として否定的である。また、政治家の靖国神社への公式参拝を求め続けている[要出典]。また、2013年8月15日に安倍首相が靖国神社に参拝しなかったこと、およびTPP参加を推進していることで、「安倍が人々を必ず裏切り続ける」という予測が的中したとしている。

主な発言[編集]

著書の中で韓国を、「常に歴代中華帝国の徹底的な蹂躙を受けてきた朝鮮半島では、自分たちを小中華と呼んで中華の正統な後継者と勝手に位置づけ、また中華文化圏からいち早く抜け出した日本などを東夷と呼んで蔑むことで、かろうじて崩壊寸前の精神の均衡を保ってきたのである」「韓国にまともな歴史や文化が存在しない事は、少しでもかの半島の歴史を勉強した方なら納得いくことだろうが、だからこそ屈辱にまみれた朝鮮の歴史を認める事が出来ない韓国人たちは、たとえ捏造してでも、自分たちがいかに誇らしき民族であるかを世界に示したいのである。韓国人の歴史や文化に対する劣等感は、日本人には想像できないほど凄まじいのである」と述べている[40]

太平洋戦争とは言わずに大東亜戦争と言っている。なお、この表現は桜井に限らず、およそ全ての保守派に見られる[41]

右翼団体について[編集]

2011年(平成23年)8月15日の反天連の抗議前の演説で桜井本人は民族派団体街宣右翼などの右翼団体について、前年の反天連への街宣内容を取り上げ「最近の右翼も変わったなと私は思ってる」と述べており、他にもその当日や同年9月29日の殿方充への抗議街宣では「右翼の皆さん」という表現を使っている[42]。また在特会の協賛団体には『千風の会』という街宣右翼団体が存在し、八木康洋副会長も含め、右翼団体を支持することもある[43]

政界進出について[編集]

在特会の2009年(平成21年)8月30日に行われた集会「8・30在特会Special 『桜井天国!』」において、集会参加者からの「桜井会長の政界進出はないのか?」との問いに対し、「私がもし当選したとしてもたった一議席でしかない。それでは意味はない」と冗談を交えて会場の笑いをとりつつ、「現在の生活をかなぐり捨ててまで政界に進出する気はない」と述べ、政界進出については明確に否定し、自らが日本の極少数派であることを認めている。

天皇について[編集]

今上天皇に対しては「天皇陛下」と称しており、先帝には「昭和天皇」場合によっては「天皇陛下」と称している。協賛者の水島総や西村修平が今後の皇位継承で言及や論争しているのに対して、天皇に関して言及することは多くはないが女系問題については男系での皇位継承の手段がまだあるので、女系問題は現段階で出てくる問題ではないとしている(また女系容認は初代天皇・神武天皇から続く男系天皇が途絶える為に国号問題なども生じるとしている)[44]

他には昭和天皇や今上天皇・皇族を侮辱したり不敬とした行為には批判の声を上げたり、反天連など反皇室的な団体に対しても抗議や批判を行う他、後述の様に憲法の条文では第1章の「天皇」の項目で天皇の地位を明記している第1条を一番重視し、「日本で一番大切なのは天皇陛下だ」と述べるなど、天皇に敬意を示している[45][46][47]

憲法について[編集]

保守派では日本国憲法を「アメリカの押し付け憲法」 ・「非日本的憲法」と見做し、改憲を訴える場合が多いが改憲について語った事は今のところ確認されていない。一方で、護憲派を自称しながら皇室への不敬や外国人参政権法案の推進運動を行う左翼側に対しては「護憲派でありながら日本国憲法第1条日本国憲法第15条を蔑ろにしている」や「憲法9条を護る前に憲法1条を護れ」として護憲派を批判している。他にも朝鮮学校無償化問題では「朝鮮学校無償化は日本国憲法第89条に違反している」と主張している[48][49]。また憲法第1条を根拠に「日本で一番大切なのは天皇陛下だ」と述べている[50]

宗教団体への批判[編集]

左翼的、反皇室的教義に基づく新興宗教団体を批判している。

  • 特に批判的なのは創価学会で、日本を混乱に陥れた「諸悪の根源」であるとしている[51]。また、元東村山市市議会議員の死などを取り上げ、「犯罪カルト集団」と非難し、学会前で抗議街宣を行っている。
  • 統一教会を「朝鮮の邪教」と見なしている。また、統一教会や教祖文鮮明 を「気違い」と非難している[52]
  • 2008年(平成20年)6月12日、西本願寺に対して「西本願寺・龍谷大学が、宇治市ウトロ地区の不法占拠犯を援助し、9条の会と交わり、在日特権を推進しているカルト的な教団。親鸞聖人の教えに反している」(現実には当該不法占拠案件は刑事事件ではなく民事紛争)として、抗議行動を行った。桜井は浄土真宗本願寺派の寺院の門徒(檀家)を称しており、この時は菩提寺から授与されている「門徒式章」(桜井一族が嘉永年間から現在まで続く西本願寺門徒の家系であることを証する旨が記してある)をかざしていた。この模様はYouTube等に公開されている[53][54][55]
  • キリスト教に対しても「キリスト教徒は嘘ばかり」「プロテスタントの牧師は嘘ばっかりつく」など、非難の対象としている[56]

児童ポルノ、表現規制への言及[編集]

日本における児童を対象とした性犯罪件数は激減しているとして児童ポルノ禁止法に強く反対している。また、18歳未満が全て「児童」にあたるのかどうか(日本国外では児童ポルノの定義は日本より低年齢である)や被害者無き犯罪(援助交際や既存メディアなど)の問題点、単純所持規制をめぐってはメディアに触れることにより性犯罪が発生することについてまったく根拠が無いとしている。現行法では何をもって児童ポルノとするか不明瞭であるとして、児童虐待防止の基準を明確に決めた新しい法案の制定を要求している[57]

ユダヤ、イスラエルに関して[編集]

ユダヤ、特にイスラエルに関してはもともとパレスチナの領土を強奪して成立したものだとしている。イスラエルのユダヤ人パレスチナ人の国家や民族性を奪い狭い範囲に押し留めて虐殺しているとして、これを「中東の朝鮮人」と強く非難する[58]。講演会では批判はしないものの、生放送では「パレスチナの惨状を見て怒るのは当たり前」「(イスラエルは)殺すわ、虐待するわ、壁(分離壁)の中に閉じ込めて支援物資も渡さない」「2000年前ユダヤの神(ヤハウェ)がユダヤ人にパレスチナの地を約束したからといっても、その行為は正当化されない」[59]「自分たちが(ナチス・ドイツに)迫害を受けたからといって、パレスチナ人を迫害してもよいという理由にはならない」[60]と発言。また、「差別を許さないと言っているあの連中(しばき隊などカウンター)も(ユダヤと)戦えよ」とも発言している[61]

嗜好[編集]

が好きとされ、ぽん太という名の猫を飼育している[62]。また、日本の民謡や詩にも興味があり、街宣の際の発声法をレクチャーする際、「演劇をやった事のある人ならわかると思いますが」と北原白秋の『あめんぼの歌』を引き合いに出している。北海道支部の講演では完全に暗誦できるほどである[63]カラオケも好きで、時々ニコニコ生放送で歌声を披露している。

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は消滅しているが、インターネット・アーカイブで閲覧できる。桜井誠 (2010年5月10日). “Doronpa's Page 不思議の国の韓国” (日本語). infoseek. 2010年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月14日閲覧。
  2. ^ [1]、2014年8月18日閲覧
  3. ^ 桜井誠【ジェネジャン、チャンネル桜&殺人集団「中核派」への抗議】、2014年7月8日閲覧
  4. ^ 桜井(2006a)桜井(2006b)桜井(2009)、著者紹介ページ参照。
  5. ^ 安田(2012)、p. 258頁
  6. ^ a b 桜井誠. “忘れられないある韓国人との出会い【思考するからこそ人間である】” (日本語). Doronpa's Page 不思議の国の韓国. 2008年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月3日閲覧。
  7. ^ Martin Fackler (2010年8月28日). “New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/08/29/world/asia/29japan.html 2012年12月16日閲覧。 
  8. ^ 安田浩一「在特会(在日特権を許さない市民の会)」の正体 第10回」、『G2』第6巻、講談社2012年12月16日閲覧。
  9. ^ Martin Fackler (2010年8月28日). “New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/08/29/world/asia/29japan.html 2012年12月16日閲覧。 
  10. ^ “「在特会」会長ら8人逮捕=新宿排外デモで暴行容疑-警視庁”. 時事ドットコム. (2013年6月17日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061700018 2013年10月7日閲覧。 
  11. ^ “在特会会長らを逮捕 対立団体と互いに暴行の疑い”. 朝日新聞デジタル. (2013年6月17日). http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY201306160224.html 2013年6月17日閲覧。 
  12. ^ “東京・新宿で嫌韓デモ、8人逮捕 対立団体と乱闘騒ぎ”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年6月16日). http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061601001883.html 2013年6月17日閲覧。 
  13. ^ 【在特会】桜井誠会長釈放の様子【6月18日】
  14. ^ 乱闘で逮捕の5人釈放 地検、新宿のデモ巡り 日本経済新聞 2013年6月19日
  15. ^ 桜井のTwitter2014年1月8日
  16. ^ 桜井のTwitter(2014年7月29日)
  17. ^ 安田(2012)、p.34
  18. ^ 21年6月7日・デモ行進のお知らせ... - YouTube
  19. ^ 【在特会速報】カルデロン一家の残留許可を認めるな!東京入管抗議 - ニコニコ動画
  20. ^ 桜井誠 (2006年12月5日). “在日特権を許さない市民の会 - 挨拶”. 在日特権を許さない市民の会. 2010年8月3日閲覧。
  21. ^ 八木康洋 (2009年8月18日). “国旗の冒涜を許さない署名運動 (PDF)”. 在日特権を許さない市民の会. 2011年6月30日閲覧。
  22. ^ SPA!』2009年(平成21年)10月13日号、扶桑社、2009年10月、 26-27頁。
  23. ^ “「在特会」幹部ら4人逮捕 朝鮮学校の授業妨害容疑”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年8月10日). http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081001000208.html 2012年8月3日閲覧。 
  24. ^ “朝鮮学校授業妨害:在特会幹部ら4人逮捕--京都府警”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年8月3日). オリジナル2010年8月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0811-1153-03/mainichi.jp/select/jiken/news/20100811ddm041040078000c.html 2012年8月3日閲覧。 
  25. ^ a b かわいそうな慰安婦のかわいそうじゃない真実を暴くパネル展 【愛知支部】 (緊急情報)”. 在日特権を許さない市民の会 (2010年4月16日). 2010年4月16日閲覧。
  26. ^ a b 桜井誠 (2010年4月15日). “【緊急情報】 在特会愛知支部が反日左翼を撃退!”. Doronpaの独り言. 2010年4月16日閲覧。
  27. ^ 西本秀 (2010年4月16日). “保守系団体が抗議、慰安婦講演会キャンセルに 名古屋(1/2ページ)”. 朝日新聞. オリジナル2010年4月16日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0416-2041-05/www.asahi.com/national/update/0415/NGY201004150030.html 2010年4月16日閲覧。 
  28. ^ 在日特権を許さない市民の会 - 「6.27茶屋町ジャック! 関電株主総会包囲行動」 へのカウンター 【関西各支部】
  29. ^ a b c d e 花うさぎさん (2011年9月12日). “ルール無視の脱原発デモ、酒を飲む 歩道を歩くで逮捕者12人と大荒れ!”. やまと新聞 (やまと新聞社). http://www.yamatopress.com/c/19/170/4235/ 2012年8月3日閲覧。 
  30. ^ “過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年4月5日). オリジナル2012年4月5日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0405-0629-57/sankei.jp.msn.com/affairs/news/120405/dst12040501090000-n1.htm 2012年8月3日閲覧。 
  31. ^ 桜井誠 (2011年9月7日). “【活動告知】 原発問題を考える街頭演説会 & 極左主催 反原発デモへの抗議活動 in 新宿”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  32. ^ [2]
  33. ^ 安田(2012)、p.145
  34. ^ 安田(2012)、p.151
  35. ^ a b c d e f g 【桜井誠vs西村修平】京都朝鮮学校裁判で何が起こったのか?【事実】
  36. ^ a b 西村修平と別れた本当の訳 (桜井会長の証言より抜粋)
  37. ^ a b c d e f g 【在特会】ロート製薬事件続報&週末からの活動について 5月14日
  38. ^ 桜井天国言いたい放題!反日政権誕生日8.30在特会special《part1/6》 - YouTube
  39. ^ 桜井誠 (2007年7月28日). “参議院選挙に行こう! 1週間連続連載 第六回「第三の選択」”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  40. ^ 桜井(2006a)[要ページ番号]
  41. ^ 11.13 在特会・横浜デモ・集会編(1/3) - YouTube
  42. ^ 在特会会長桜井誠街頭演説(3)2011/9/29 - YouTube
  43. ^ 靖国神社前の反日極左デモに史上最大のカウンター 1-3 - YouTube
  44. ^ 【在特会】桜井誠スペシャル ~ 3・11を振り返って ほか ~ - ニコニコ動画
  45. ^ 桜井誠 (2009年12月14日). “天皇陛下を「道具」に使う民主党”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  46. ^ 桜井誠 (2011年9月28日). “新潟遠征の報告 & 29日反日芸人への抗議活動のお知らせ”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  47. ^ 桜井誠 (2011年9月30日). “9・29 反日芸人への抗議活動報告とその後の緊急情報について”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  48. ^ yamato_H (2011年9月25日). “【動画追加】朝鮮高校無償化断固反対と韓国人違法労働者の排除を訴えデモ行進”. やまと新聞 (やまと新聞社). http://www.yamatopress.com/c/19/170/4285/ 2012年8月3日閲覧。 
  49. ^ 桜井誠 (2007年7月28日). “参議院選挙に行こう! 1週間連続連載 第六回「第三の選択」”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  50. ^ 在特会 8月6日 原爆ドーム前決戦【6】(核武装推進、原発を守れ) - YouTube
  51. ^ 桜井天国言いたい放題!反日政権誕生日8.30在特会special
  52. ^ 桜井誠【名前も知らんのかいw】リチャード・コシミズ、2014年7月6日閲覧
  53. ^ 【在特会】反日極左と結託する京都西本願寺に突撃抗議 - YouTube
  54. ^ 対馬・福岡遠征報告(写真)|Doronpaの独り言
  55. ^ http://www.youtube.com/watch?v=T6t6N3nTuCM
  56. ^ 5月29日 反日左翼から山口県護国神社を守り抜く運動 ④
  57. ^ 桜井誠 (2009年6月29日). “児童ポルノ禁止法改正案に反対します”. Doronpaの独り言. 2012年8月3日閲覧。
  58. ^ 在特会がヒトラー崇拝?老害・小林パチロリ先生(60)の妄言&次は行動へ! 、2014年7月7日閲覧
  59. ^ 在特会がヒトラー崇拝?老害・小林パチロリ先生(60)の妄言&次は行動へ! 、2014年7月7日閲覧
  60. ^ 【桜井誠】火病・韓国への愛はないのかー!&ユダヤの陰謀在特会♪ 、2014年7月7日閲覧
  61. ^ 在特会がヒトラー崇拝?老害・小林パチロリ先生(60)の妄言&次は行動へ! 、2014年7月7日閲覧
  62. ^ 2013年05月30日 在特会 桜井誠 ニコ生 【Makoトーク/胎動編】 01 1) 005、2014年7月7日閲覧
  63. ^ 「話術のポイント」在特会セミナーpart3 - ニコニコ動画

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]