南泉普願

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南泉普願
748年 - 835年
諡号 大寂禅師
生地 鄭州新鄭(河南省新鄭市
没地 南泉山(安徽省
宗派 禅宗
寺院 池州貴池南泉山
馬祖道一
弟子 趙州従シン

南泉普願(なんせん ふがん, 748年 - 835年)は、中国代の禅僧

俗姓は王氏、鄭州新鄭(河南省新鄭市)の人である。

757年(至徳2年)、10歳で新鄭にある大隗山の大慧禅師に入門し、仏道修行に励んだ。

777年(大暦12年)、30歳で中岳嵩山に行き、具足戒を受け、会善寺の暠律師について四分律を学んだ。その後も学問を続け、経は『楞伽経』や『華厳経』を学び、論は三論を学んだ。

後に、馬祖道一に入門し、教学を捨てるに至った。

795年(貞元11年)、48歳で池州貴池(安徽省)の南泉山に禅院を構え、30数年間、南泉を下ることがなかった。

827年頃、宣歙観察使の陸亘の求めによって山を下り、名声が諸方にとどろき、門弟が数百になった。

835年(大和8年)12月25日、住院で没する。春秋87、法臘58。

伝記資料[編集]


師:馬祖道一 禅宗 弟子:趙州従シン