洪州宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

洪州宗(こうしゅうしゅう)とは、代の禅宗の一派を指す。禅宗史において、六祖慧能南宗禅の系統の中で、南嶽懐譲の後継である馬祖道一に始まる系譜を、その活動拠点である洪州によって、洪州宗と呼ぶ。後世、その系統から潙山霊祐臨済義玄が出て、潙仰宗臨済宗として、五家七宗の一翼を担うこととなる。

その系譜は、馬祖道一に始まり、『百丈清規』によって禅院の規律を制定した百丈懐海によって、禅宗独自の教団制度を確立した。百丈の下から、潙山霊祐と黄檗希運黄檗宗)が出て、黄檗希運の門下より臨済義玄が出て、その系統が、潙仰宗と臨済宗に受け継がれることとなる。