曹渓宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曹渓宗
各種表記
ハングル 조계종
漢字 曹溪宗
発音 チョゲジョン
ローマ字転写 Jogyejong
テンプレートを表示

曹渓宗(そうけいしゅう)は、朝鮮仏教宗団。韓国では現在、「大韓仏教曹渓宗」として、仏教界最大の勢力を有する。僧侶の数は約1万2000人、公式に登録されている寺院は1800(禅学院、大覚会などの未登録の寺院を含めると2800余り)を数え、国家が認定している伝統的な寺院870ヶ所余りの90%以上が曹渓宗の寺院である[1]

概要[編集]

高麗時代中期の僧、知訥1158年 - 1210年)を開祖とする。知訥は曹渓山松広寺を中心に、禅によって天台華厳などの教学を包摂する教えを説いた。上流階級に天台宗が広まったのに対し、曹渓宗の教えは民衆に浸透した。

仏教が弾圧された朝鮮時代も勢力をたもち、19世紀末に再び活動が盛んになった。日本統治時代には太古宗など僧侶の妻帯を認める宗団もあらわれ、曹渓宗でも解放後にこれをめぐる争いがあったが、現在も不妻帯を守っている。

現在は本山であるソウルの曹渓寺をはじめ韓国全土に寺院を擁し、また東国大学校を設立している。北朝鮮にも形式上は存在するとされる。

不祥事[編集]

  • 2012年5月11日、ホテルの一室で徹夜で賭博に興じていたことが発覚し、幹部全員が辞職した[2]

曹渓宗の主な寺院[編集]

三宝寺院

五大叢林

  • 通度寺(靈鷲叢林)
  • 海印寺(伽倻叢林)
  • 松広寺(曹渓叢林)
  • 修徳寺(徳崇叢林)
  • 白羊寺(古仏叢林)

八大叢林 2012年11月、下記の三つの寺院を叢林に指定し、現在は八大叢林となった。

  • 桐華寺
  • 双渓寺
  • 梵魚寺

25の教区本寺

ソウル特別市

京畿道

江原道

忠清北道

忠清南道

  • 麻谷寺(第6教区本寺)
  • 修徳寺(第7教区本寺)

慶尚北道

大邱広域市

慶尚南道

  • 海印寺(第12教区本寺)
  • 雙磎寺(第13教区本寺)
  • 通度寺(第15教区本寺)

釜山広域市

全羅北道

全羅南道

  • 白羊寺(第18教区本寺)
  • 華厳寺(第19教区本寺)
  • 仙巖寺 (第20教区本寺だったが、現在は外れている。太古宗の総本山で太古叢林)
  • 松広寺(第21教区本寺)
  • 大芚寺大興寺)(第22教区本寺)

済州特別自治道

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 【日本テレビ】「僧侶が賭博…映像公開で波紋広がる 韓国」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]