道信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
道信
580年 - 651年
Daoxin.jpg
尊称 禅宗第四祖
生地 河内(河南省
宗派 禅宗
寺院 廬山大林寺、蘄州黄梅県双峰山
僧璨
弟子 弘忍

道信(どうしん, 580年 - 651年)は、禅宗の第四祖。蘄州(きしゅう)を中心として布教に励み、弟子の五祖弘忍と共に「東山法門」と呼ばれる一大勢力を築き、後の禅宗の母胎を形成する。

姓は司馬、『景徳傳燈録』など後世の資料では河内(河南省)の出身とされる。『続高僧伝』では出身地は不詳。

略歴[編集]

7歳で出家、仏門に入り沙弥十戒を授戒、沙弥(しゃみ、シュラーマネーラ)となる。その後、開皇12年(592年)、(数え年で)14歳の時に 安徽省皖公山に僧璨を訪ねる。一対一で九年間修禅した。

第二祖慧可は、開皇13年まで生きていたことから、慧可の入滅とほとんど 入れ替わるように師弟関係が始まり、マンツーマンの教導がなされたことがわかる。

その後、吉州(江西省)の寺に身を置き受戒、時機成熟し以後、僧璨 は 道信に 衣法。 (伝法の信を表す袈裟を与える事。禅では、師匠が弟子に対し、法を伝えた証に衣を授ける。伝衣は同時に伝法でもあることを意味する。)

その時読んだ、偈は次の如きものであったことを今に伝える。「花の種、これ田地 田畑にて 瑞々しい若花を大地より生ずる。もし、種を蒔く者がいなければ、花々に満ちていた大地は (これから)生じることもなく尽きてしまう。(仏法もまた同じで、いまこそ 法をひろめなけえばならない。)」

その後、布教のため南岳衡山湖南省)へ行こうとしたが、道中で道俗に止められ、廬山(江西省)の大林寺に入った。

624年に、蘄州(湖北省)黄梅県の双峰山に入り、その後30年間、衆徒を訓導し、651年に72歳で没したとされる。

著作[編集]

伝記[編集]

  • 続高僧伝』卷21「唐蕲州双峰山釈道信伝」“又有二僧 莫知何来 入舒州皖公山静修禅业 闻而往赴 便蒙受法”
  • 続高僧伝』巻26「蘄州双峯寺釈道信伝」
  • 景徳傳燈録』巻4「第三十一祖道信大師」

関連項目[編集]


師:僧璨 禅宗 弟子:弘忍