洞山良价

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
洞山良价
807年 - 869年
Dongshan Liangjie Image Zen.jpg
『仏祖正宗道影』(1880年)の木版画
諡号 悟本大師[1]
生地 呉州会稽(現在の浙江省紹興市
宗派 中国曹洞宗
寺院 洞山普利院 (江西省筠州高安)[2]
五洩霊黙南泉普願潙山霊祐雲巌曇晟英語版
弟子 曹山本寂雲居道膺英語版[3]
著作 宝鏡三昧[4]・『洞山語録』

洞山良价(とうざん・りょうかい、807年 - 869年)は、中国代の。俗姓は兪氏[1]五家七宗の一つ、曹洞宗の開祖[1]

高弟に曹山本寂(840~901年)がおり、宗派の名は洞山とこの曹山から一字ずつとって当初は「洞曹宗」を名乗ったというのが通説の一つだが、諸説異論ある[3]中国における曹洞宗参照)。[3]

略歴[編集]

会稽(現今の浙江省紹興市あたり)の出身[1]。幼少のころより仏門に入る[5]。村院の師について学んだが、『般若心経』を唱えたとき、六根の釈義について問いつめるなど頭角を現したので、五台山の高僧である霊黙のもとへ遣わされ[1]、21歳のとき受戒した。 のち南泉普願にも薫陶を受け [1]潙山霊祐にも師事 [1]。最後に雲巌曇晟英語版(うんがんどんじょう 782-841)を師と仰いだが、『人天眼目』によればこのとき「三種滲漏」などの真髄[6]を相伝した。[1][5][6]

武宗による会昌の廃仏(462-466)が起きたが、大過なくやりすごした[注釈 1]。晩年に洞山(現今の江西省高安市にある)を開いて[8]禅門の一院を創設。(当初は、広福寺、 功德寺、崇先隆報寺などの名だったが、宋代初頭以降、普利院と称した[9] [10][2]。)ここで『宝鏡三昧(宝鏡三昧歌)』を作した[4]。門徒は500~1000人に達したという。[4][2]

洞山が提唱したかたちの五位は、「正偏(しょうへん)五位」と称される[11]

その思考を知る資料『洞山語録』がある[3]

注釈[編集]

  1. ^ ある資料[5]では会昌の廃仏 (462-466)の弾圧を逃れて開山したとあったが、晩年に開山したという年代とかみ合わないので、英語記事[7]を元に「大過なく」とした。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 鎌田茂雄 (Shigeo Kamata) (snippet) 『中国仏教史辞典 (Chūgoku Bukkyō shi jiten)』 東京堂出版、1981年、272頁。ASIN B000J7UZNGhttp://books.google.co.jp/books?id=5l0wAAAAYAAJ 
  2. ^ a b c 中村元 (Hajime Nakamura); 石田瑞麿 (Mzumaro Ishida) (snippet) 『新・佛教辞典 (Shin Bukkyō jiten)』 誠信書房、1980年ISBN 9784414105018http://books.google.co.jp/books?id=p2muAAAAIAAJ 
  3. ^ a b c d 増永霊鳳 (Reihō Masunaga) 「曹洞宗」、『世界百科事典(Sekai hyakka jiten)』 (Heibonsha) 第13巻722頁、1969年 [1968年]。 
  4. ^ a b c 金岡秀友 (Shūyū Kanaoka) (snippet) 『仏教宗派辞典 (Bukkyō shūha jiten )』 東京堂出版、1974年、130頁。ISBN 978-4490100792http://books.google.co.jp/books?id=hsQKAAAAYAAJ 
  5. ^ a b c 山折哲雄 (Tetsuo Yamaori) (preview) 『仏教用語の基礎知識』 角川学芸出版、2000年、71頁。ISBN 9784047033177http://books.google.co.jp/books?id=kY_PNJotGaIC&pg=PA71 
  6. ^ a b 大本山永平寺大遠忌事務局 (snippet) 『道元禅師七百五十回大遠忌記念出版, 永平寺史料全書: 禅籍編』3巻 大本山永平寺、2005年http://books.google.co.jp/books?id=uslLAQAAIAAJ 
  7. ^ Dongshan Liangjie / 2008年12月11日版,"Persecution.. it had little effect"
  8. ^ 岩本, 裕 (Yutaka Iwamoto) 『日本仏教語辞典』(snippet) 平凡社、1988年, page=96
  9. ^ 金岡, 秀友 (Hidetomo Kaneoka) 『宋代禅宗史の研究: 中国曹洞宗と道元禅 石井修道』(snippet) 大東出版社、1987年ISBN 9784500004836
  10. ^ 谢军; 范银飞; 刘斌 (2000) (snippet). 江西省志. 方志出版社,. p. 130. http://books.google.co.jp/books?id=RrMdAQAAMAAJ. , p.62
  11. ^ 古田紹欽 (Shōkin Furuta) 「五位」、『世界百科事典(Sekai hyakka jiten)』 (Heibonsha) 第7巻697頁、1964年