武宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武宗 李瀍
第18代皇帝
Tang Wuzong.jpg
王朝
在位期間 840年 - 846年
姓・諱 李瀍→李炎
諡号 至道昭粛孝皇帝
廟号 武宗
生年 814年
没年 846年
穆宗
宣懿皇后
陵墓 端陵
年号 会昌 : 841年 - 846年

武宗(ぶそう)は唐朝の第18代皇帝穆宗の五男。

生涯[編集]

初めは頴王に封爵されていた。 840年文宗が崩御した後、宦官仇士良らにより皇帝に擁立された。全ての子が早世した文宗は、生前異母兄の敬宗の末子である李成美皇太子としていたが、朝政を専断していた仇士良を首謀とする神策軍派の宦官らによって、李瀍が皇太弟に擁立され、李成美は陳王に封じられた(後に李成美は殺害された)。

武宗は冷静沈着で、明晰かつ決断力に富んだ人物であったと皇帝は伝える。李徳裕を宰相に登用し、宦官勢力の抑制や中央集権体制の立て直しに努めた。しかし道士である趙帰真を信任し、道教に傾斜するあまり「会昌の廃仏」と称される廃仏令を出している。これが当時の寺院は荘園の大規模保有者でありながら無税とされ、の不足に起因する銅銭不足による経済的混乱が見られ、大量の銅を使用し仏像や仏具を製造していた仏教側の問題もあり、純粋な経済政策という評価もある。また当時皇位を争った叔父の李怡が身の安全を図る為に仏教を利用したことも、仏教攻撃の一因になったとの説もある。

846年、丹薬による中毒で33歳で崩御した。死の間際に炎と改名している

宗室[編集]

后妃[編集]

[編集]

関連項目[編集]