東山法門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東山法門(とうざんほうもん)とは、中国初、湖北省の蘄州黄梅県を中心として宗風を振るった道信(第四祖)・弘忍(第五祖)の師弟を中心とした禅宗の一門を指す言葉である。

東山とは、弘忍が住した黄梅県の憑茂山(五祖山)を言う。同じく黄梅県の双峯山(四祖山)が「西山」と呼ばれるのに対して、「東山」と呼ぶ。よって、東山法門とは、本来は、門弟子の活躍により広く知られるようになった弘忍の教法・一派を指す言葉であった。

しかし、今日一般には、確実な師弟関係を有し、活躍地域が密接していることなどをもって、道信の教法・一門をも含めて東山法門と称している。