針すなお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
針 すなお
本名 高閑者 順
生誕 1933年3月15日(81歳)
佐賀県佐賀市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家イラストレーター武道家
活動期間 1956年 -
ジャンル 似顔絵風刺漫画
代表作 著名人の似顔絵
受賞 第2回日本漫画家協会賞優秀賞(1973年
第44回文藝春秋漫画賞1997年
テンプレートを表示


針 すなお(はり すなお、1933年3月15日 - )は、日本漫画家イラストレーター武道家でもある。佐賀県佐賀市出身。本名、高閑者 順(たかがわ すなお)。佐賀県立佐賀高等学校(現・佐賀県立佐賀西高等学校)卒業。

主に政治家芸能人スポーツ選手など著名人の似顔絵を描くことで彼の存在を広く知られている。

人物[編集]

佐賀藩の菩提寺、高伝寺の前前住職の五男。紡績会社、銀行員を経て、1953年昭和28年)に上京、経済雑誌の記者を経て、1956年(昭和31年)に漫画家デビュー。合気道8段の段位を持ち、神道夢想流杖術を学んで独自の杖術「体の杖」を編み出した。3か月のみ、歌手として活動した過去がある。 朝日新聞佐賀新聞に政治漫画連載中の他、産経新聞政治家の似顔絵を担当している。

佐賀市に道場「高伝館」を開き、合気道杖術を指導している。

武道雑誌の『月刊秘伝』に主筆としてよく登場している。

ものまね王座の審査員[編集]

フジテレビものまね王座決定戦』の審査員を長年務め、挿絵も担当。90年代は末席に座っていたが、どんなに芸の立つものまねをしても彼だけ9点、もしくは8点をつけることが度々あり、淡谷のり子同様、審査員として出演していた頃は満点を出すのは至難の業であった。しかし、末期は8点を付けることはほとんど無く9点、10点で採点する姿が目立った。また、対戦同士が両者ともに完璧と言える芸を披露した際、わずかの差を見出し片方に10点、もう片方に9点を付けるという姿勢も見られた(これにより、100点同士のじゃんけん対決が回避されるという場面も複数回あった。この時、針は「じゃんけんは可哀想だから、ここで誰かが1人鬼にならなきゃいけない」と度々発言)。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 『針すなおのそっくり画入門』永岡書店・ナガオカ入門シリーズ 1981
  • 『体の杖イラスト皆伝』BABジャパン 2008