大船観音寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大船観音寺
所在地 神奈川県鎌倉市岡本1丁目5−3
山号 仏海山
宗派 曹洞宗
本尊 聖観音
創建年 昭和56年(1981年
開基 絶海勝俊、乙川瑾瑛(開山)
別称 大船観音
テンプレートを表示
大船観音像(2004年平成16年)11月29日撮影)
湘南モノレール大船駅の傍らから大船観音像を望む(2004年(平成16年)11月29日撮影)
1958年大船駅70周年記念に作成された駅スタンプ

大船観音寺(おおふなかんのんじ)は、神奈川県鎌倉市岡本一丁目にある曹洞宗。全長約25mの巨大白衣観音像(大船観音)で知られる。JR大船駅西口より徒歩10分程度。

シンボルともなっている大船観音の他にも、原子爆弾による犠牲者を弔う「原爆被災祈念碑」・「戦没慰霊碑」など第二次世界大戦による犠牲者を弔う碑や、地蔵尊などが立ち並ぶ。

大船観音[編集]

大船観音は1929年昭和4年)、地元有志の発起により、護国観音として築造が開始され、1934年(昭和9年)には輪郭が出来上がっていたが、戦局の悪化により、築造は中断。その後、20年以上放置される。第二次世界大戦後、財団法人大船観音協会が設立され、1960年(昭和35年)4月に完成した。なお、大船観音協会には、曹洞宗管長の高階瓏仙(たかしな ろうせん)や、東京急行電鉄の初代社長・五島慶太の名前を始め、各界の著名人の名が見える。財団法人大船観音協会は、1981年(昭和56年)11月30日に解散し、宗教法人大船観音寺と改称され、現在に至る。

現在、大船観音は大船のシンボルとして位置付けられ、夜間にはライトアップされるなど、観光名所となっている。ライトアップの色は、2006年平成18年)より、それまでの緑色からオレンジ色に変更された。

さらに観音像へは、日本人ばかりではなく、東南アジア(特に華僑上座部仏教信者)などからの参拝客も多く、奉納された灯籠には多国籍な名前が並ぶ。こうしたアジアからの参拝客の増加を受け、1999年(平成11年)より台湾スリランカなどから僧を招き、法要を行い、各国の民族舞踊を奉納する「ゆめ観音in大船」という祭りが開催されるようになった。2009年、正力松太郎賞を受賞。

なお、NHKtvk大船観音中継局は、大船観音寺境内地内(ましてや観音像の頭上)に設置されているのではなく、道路を挟んだ南側の別の山の上に設置されている。

キャラクター[編集]

のんちゃん - 2012年に誕生した大船観音のゆるキャラ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]