川越城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
川越城
埼玉県
本丸御殿
本丸御殿
別名 初雁城、霧隠城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
築城主 太田道真道灌父子
築城年 1457年(長禄元年)
主な改修者 大道寺政繁松平信綱
主な城主 扇谷上杉氏後北条氏酒井氏
堀田氏越前松平氏、他
廃城年 1869年(明治2年)頃
遺構 堀・土塁・御殿の一部・移築物3棟
指定文化財 埼玉県有形文化財(本丸御殿)
埼玉県史跡
位置 北緯35度55分28.25秒
東経139度29分29.41秒
川越城の位置(埼玉県内)
川越城
川越城
川越城の位置

川越城(かわごえじょう)は、埼玉県川越市にあった日本の城江戸時代には川越藩の藩庁が置かれた。別名、初雁城霧隠城関東七名城日本100名城。通常、川越城の名称を表記する場合、中世については河越城近世以降は川越城と表記されることが多い。

概要[編集]

武蔵野台地の北東端に位置する平山城1848年嘉永元年)に建られた本丸御殿の一部が現存する(埼玉県有形文化財)。二の丸跡は川越市立博物館川越市立美術館となっている。三の丸跡地である埼玉県立川越高等学校の近くに小高い富士見跡があり御嶽神社浅間神社が建っている。川越城には天守はなく、宇都宮城・清明台櫓と同様に城の中で一番高い所にあった富士見櫓が天守の代わりをしていた。富士見櫓は三層と考えられている[1]埼玉県指定史跡。中世から近世にかけて改築がなされ規模を大きく変えた。藩政時代には、酒井忠勝松平信綱(知恵伊豆)や柳沢吉保など幕府の要職についた歴代藩主が多く(幕閣の老中数7名は全国でも最多の藩の1つ)、特に江戸時代中期までは「老中の居城」であった(中期以降は親藩)。

別名[編集]

  • 初雁城
    • 城内の三芳野神社に「初雁の杉」があった。毎年同じ時期に北から初雁が飛来し杉の真上で三声鳴き三度回って南に飛び去った、という故事による。太田道灌が川越城築城祝いで開いた宴の折も初雁が来て鳴いたことから道灌が「初雁城」と命名したとされる。3代目の初雁の杉が神社の社殿裏にある。
  • 霧隠城
    • 城内に「霧吹きの井戸」という井戸があり、普段は蓋をしておくが危急の際は蓋を開くと霧が城を隠したという伝承による。井戸は移築され、現在は市立博物館の前庭にある。

歴史・沿革[編集]

室町時代[編集]

  • 1457年(長禄元年) 武蔵国扇谷上杉氏古河公方足利氏)の係争地であったため、足利氏の勢力(古河城関宿城忍城など)に対抗する上杉氏の本拠地として、上杉持朝家宰太田道真太田道灌父子に川越城(河越城)の築城を命じた。また江戸城も築城させ、古河公方への防衛線を構築した。持朝が初代河越城主となった(家老の道灌が江戸城主となった)。
  • 道灌の築城方法は、「道灌がかり」という「連郭式縄張り」で、子城、中城、外城など独立した曲輪を連ね、周囲に高さ二間ほどの土塁を築く。曲輪の間には堀を巡らし、飛橋と呼ばれる橋で連結、各入口には土橋、引き橋、食い違い虎口や横矢がかりなどの仕掛けを作った。敵が侵入しても中城に拠って防げる構造だった。城郭はおよそ5万坪、8門8櫓を構えた。 新編武蔵風土記稿によると本丸南西の20mの高台に富士見櫓を築いたのも道灌である。また三芳野神社が祀られた天神郭も造られた。城の北に赤間川(現新河岸川)が流れ、さらに北を入間川越辺川などが流れて外堀の役割を果たす。城の南は遊女川(よながわ)の湿地帯であった。武蔵野台地の北端の丘陵に位置し、東方を睨んだ自然の要害に位置している比高5~6mの平山城である。
  • 築城に際しては、太田道真主導説(北条五代記永享記など)と太田道灌主導説(霊岩夜話太田家記など)の2説ある。築城後、西に太田道真屋敷が、城の北西に太田道灌屋敷が築かれた。
  • 扇谷上杉氏の当主・上杉朝良が居城する河越城に対抗して、1497年(明応6年)に山内上杉氏当主・上杉顕定河越館に上戸陣を構築、古河公方の足利政氏を招いて7年間も睨みあう。
  • 北条早雲の継嗣・北条氏綱は武蔵国征圧のため、武蔵国を支配していた上杉氏の居城・河越城に侵攻、1524年(大永4年)から1544年(天文13年)まで4度にわたる争奪戦が展開される(総じて「河越城の戦い」という)。

安土桃山時代[編集]

  • 1590年(天正18年) 豊臣秀吉による小田原征伐では、河越城を守っていた後北条氏の宿老の大道寺政繁は上野国まで出陣して迎え撃つが降伏、前田利家の軍勢は河越城に入城した。
  • 徳川家康が関東に封ぜられたのに伴い徳川氏譜代筆頭の酒井重忠が1万石をもって川越に封ぜられ、川越藩が立藩した。
    • 川越藩立藩以後の川越城主は、酒井家→酒井家→堀田家→大河内松平家→柳沢家→秋元家→越前松平家→松井松平家と推移した(詳しくは川越藩を参照のこと)

江戸時代[編集]

川越藩で最大の石高を領したのは越前松平家の17万石である。江戸時代には川越城を中心に城下町が形成され、小江戸と称された。城下は武蔵国の商工農の中心、物資の集散地として栄えた。商品は新河岸川を通して江戸に運ばれた。川越街道は川越藩主の参勤交代や、川越藩の分領の上野国前橋との連絡で重要な役割を果たした。
  • 1653年(承応2年) 大河内松平家松平信綱(知恵伊豆)により、大拡張工事がなされ寛文年間に完成し、倍の規模の近代的城郭になった。
  • 中郭、追手郭(あわせて外郭)、北東に新郭、東に帯郭、南に田郭が付加された。川越城は、本丸、二の丸、三の丸や八幡郭、外郭、田郭、新郭などの曲輪、本丸の富士見櫓(南西隅)と虎櫓(北西隅)、二の丸の二重の菱櫓という4つの櫓[2]、西大手、南天手、一、二、三、天神、蓮池、中、清水、田郭、帯郭、新郭、埋の13の門からなり、土塁・水堀を張り巡らした総面積が9万8千坪(約326,000㎡)余りの規模をもつ城郭となった。天守の代用となった富士見櫓は、基壇の高さ51尺(15.4m)、櫓の高さも51尺(15.4m)である。信綱による修築以前の姿は、国立歴史民俗博物館の「江戸図屏風」に残っている。 城主の住居は焼失するまで二の丸にあり、二の丸には武具方役所もあった。隠居屋敷は三の丸にあり、三の丸南には馬場と馬見所が設けられた。家老屋敷は外郭に配された。新郭には米蔵や火薬庫があった。
  • 1848年(嘉永元年) 越前松平家・松平斉典により、本丸御殿の造営が行われる。二の丸にあった御殿が1846年(弘化3年) 焼失し、再建したもので、これが現存する御殿である。

近現代[編集]

  • 1868年(明治元年) 松井松平家・松平康英明治政府に恭順の意を示すため、堀を埋める。
  • 1869年(明治2年) 川越藩が新政府に川越城の老朽化した建物を取り壊したい旨を届け出、城の部分的取り壊しが始まる。
  • 1873年(明治6年) 廃城令に伴い、川越城内の不用・破損の建物等の入札・売払が行われる。
  • 1924年(大正13年) 川越城跡が埼玉県指定史跡に指定される。
  • 1967年(昭和42年) 本丸御殿が県指定有形文化財に指定される。
  • 2006年(平成18年)4月6日、日本100名城(19番)に選定された。

遺構[編集]

現在、城址の大部分は市街地となっており、往時の姿を想像するのは難しいが、本丸御殿の一部(大広間と玄関)が現存している事は特筆に値する。本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他には高知城のみで、貴重な遺構である。

本丸御殿南側には富士見櫓跡が残っており、郭町1丁目付近の住宅の裏には中ノ門付近の堀跡が現存しており、2008年(平成20年)より川越市による公園整備で堀や門の復元が行われた[3][4]。中ノ門掘は西大手門側から本丸方向への敵の進入を阻むために巧みに配された堀のひとつであり松平信綱によって造られたものである。

川越城本丸御殿[編集]

本丸御殿は、1848年(嘉永元年)、松平斉典の17万石時代に建てられた入母屋造りで、豪壮な大唐破風と霧除けのついた間口19間・奥行5間の大玄関・車寄せをもつ。36畳の大広間は、板間で玄関と区切られ、さおべり天井で奥行3間の座敷には9尺の廊下が四方を囲っている。建坪は165坪である。

当時は16棟、1025坪の規模をもっていた。明治に入ると廃城令で多くの建物は解体され、現在残る建物は玄関・大広間部分と家老詰所のみとなっているが、本丸御殿大広間は川越城の他には高知城にしか現存せず、全国的に見ても貴重な遺構である。玄関・大広間部分は入間県県庁、入間郡公会所、更には煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用され、1933年(昭和8年)には川越武道奨励会の修練道場となり、名称も初雁武徳殿に変更、戦後は川越市立第二中学校(現在は初雁中学校)の校舎や屋内運動場として使用されていたが、1967年(昭和42年)、県指定有形文化財に指定された。家老詰所については、解体後上福岡市(現:ふじみ野市)の民家に移築されていたのを再度移築したものであり、位置は以前とは異なっている。こちらも1991年(平成3年)に県指定有形文化財に追加指定された。2008年(平成20年)10月から2011年(平成23年)3月まで保存修理工事が行われた。

田曲輪門跡と富士見櫓跡登口

富士見櫓跡[編集]

三の丸跡地である埼玉県立川越高等学校南側の小高い丘が城内で最も高い位置にあたり、この地に三層の富士見櫓があった[5]。川越城には天守はなく、宇都宮城の清明台櫓と同様に富士見櫓が天守の代わりとなっていた。 正確な規模は不明だが江戸末期の慶応2年(1866年)に川越城を測量した時の記録によれば、長さ八間三尺(約15メートル)、横八間 (約14メートル)あったと記されている。富士見櫓の名前の由来は、文字通り富士山を望めたためである。現在は浅間神社御嶽神社が建っている。[6]

その他の遺構[編集]

これ以外にも本丸を囲む土塁や水堀跡が確認できる。市内三久保町の成田山旧客殿、加須市むさしの村武芸館、東松山市葛袋民家の門計3棟が移築されていることが市立博物館発行の資料にあるが、加須市のものは取り壊されて現存しない。東松山市葛袋民家の門は川越城の裏門を移築した二層の長屋門のものといわれ、間口十四間、奥行き三間半、扉部が二間半の規模を持つ。川越城の移築門とされるのは、扉の天井部分等に今でも朱の跡が残されているためであり、城門由来の部材は扉のみである。また、川越市立博物館には川越城のものと言われる扉が保存されている(非公開)。

西大手門跡は川越市役所前に、本丸門跡は初雁球場近くに、田曲輪門跡は富士見櫓近くに、南大手門跡は第一小学校西門近辺にある。南大手門の馬出しからの道がかつての城内の路の名残を留めている。南大手門近くの「永島家住宅」は武家屋敷跡で、埼玉県内に残る江戸時代の武家屋敷の遺構はここだけである。川越では藩命で武家屋敷の生垣はカラタチと決められており美しい家並を形成、永島家住宅の生垣もカラタチである。また市内にある榮林寺の山門は二の丸の蓮池門を移築したものという。

江戸城遺構[編集]

江戸城にあった建物は川越に最も現存している。 川越城近くには天海僧正ゆかりの喜多院がある。幕府の庇護が篤く1638年(寛永15年)の川越大火で焼失すると3代将軍徳川家光の命で江戸城の建物が移築された。客殿には徳川家光誕生の間と言われている部屋があり、家光の乳母春日局の間を含む書院庫裏も移築されている(全て国の重要文化財)。初期の江戸城の御殿建築と末期の(川越城)御殿建築を比較するうえで両者とも貴重な遺構である。

市内の氷川神社には1637年(寛永14年)に家光が江戸城二の丸に建立した東照宮が移築されている。江戸城内の宗教的建造物としては現存する唯一のものである。

城下町の町割[編集]

老中首座で「知恵伊豆」と呼ばれた松平信綱によって形作られた川越の町割は、「十ヵ町四門前町」(じっかちょうしもんぜんまち)に郷分・城付を設けた合理的なもので、三方を低地と河川で囲まれた防衛に最適な台地の形状に合せて城と城下町が配置された。台地の北端に城と、その本丸の北側に総鎮守の氷川神社が置かれた。表玄関である西大手門の前は伝馬問屋の置かれた江戸町で、そこを基点に南方に川越街道が江戸まで伸びた。西大手門から西へ進む先には高札場である「札の辻」が設けられた。ここを軸に縦二十三条、横七十八条の概ね碁盤の目状に町割がなされた。また、袋小路鉤の手七曲り丁字路など城下町特有の街路が作られた。札の辻を中心とした一帯が城下の商人地区である上五ヶ町である。その目抜き通りが今日では蔵造りで有名な「一番街」である。町屋は概ね間口数間、奥行15間から20間の短冊型に区切られた。上五ヶ町に隣接して時の鐘も建つ職人町の下五ヶ町があった。ここまでが町奉行の管轄であった。一番街のさらに西側には養寿院蓮馨寺、行伝寺、妙養寺が4つの門前町を形成した。町火消しはここまで担当した。本丸の周囲には内堀が張り巡らされ、その南側に武家屋敷が建ち並んだ。家老屋敷などは南大手門周辺に、下級藩士は、川越街道の入口近くの組屋敷に住まわされた。そのさらに南側は江戸幕府の直営社であった喜多院仙波東照宮が広大な寺領を構えた。これは軍事的配置でもあった。その南方には川越の外港である川越五河岸が設けられ、大きな物資は船でしか運べなかった時代の川越の物流拠点であった。

上五ヶ町
  • 江戸町(えどまち):川越街道の基点があった。人馬継ぎ立てをする問屋や蔵米の点検をする改があった。
  • 本町(ほんまち):西大手門から札の辻に至る大通り地区。
  • 南町(みなみまち):札の辻の南。大店の呉服問屋が連なり隆盛した地区。蔵造りで有名な現在の川越一番街。
  • 喜多町(北町。きたまち):札の辻から北にある。河越夜戦の舞台となった東明寺の門前町だった。
  • 高澤町(たかざわまち):札の辻から西へ高澤橋までの区域。江戸時代は特産品のそうめんを作る店を軒を連ねた。菓子製造の家も多く「菓子屋横丁」として現存している。
下五ヶ町
  • 鍛冶町(かじまち):北条氏が相模から鍛冶職を移住させ鍛冶の町となった。
  • 多賀町(たがまち):時の鐘のある地区。桶屋・大工の集まった職人街。
  • 鴫町(志義町。しぎまち):鍛冶町の刀匠・鴫善吉が開いたので名が付いた。穀物問屋が軒を連ね、米市の取引量は武蔵国最大であった。川越藩の馬場もあった。
  • 志多町(下町。したまち):東明寺の広大な境内が町になったところ。東明寺坂を下った場所で古くは下町と呼ばれた。
  • 上松江町(かみまつえちょう)

その他[編集]

川越城七不思議[編集]

初雁の杉
上述
霧吹きの井戸
上述
人身御供
城が築城された地は「七ッ釜」という湿地帯で太田道真太田道灌父子は土塁が完成しない。ある夜、沼の主・龍神が道真の夢枕に現れて「明朝、一番早く汝のもとに現れた者を人身御供(人柱)として我に差し出せば、築城は成就する」と告げる。翌朝一番に現れたのは道真の娘・世禰姫(よね姫)であった。実は娘も同じ夢を見たのだった。姫は城の完成を祈り沼に身を投げて龍神に捧げ、城は完成した。
天神洗足の井水
道灌が水堀を造るため水源を探していたところ、老人が三芳野神社付近の井戸水で足を洗っていた。この老人に案内され道灌は水源を発見できた。道灌は、この老人こそ三芳野天神の化身である、と天神洗足の井水と名付け大事にした。
片葉の葦
浮島稲荷神社の一帯は湿地帯で「七ツ釜」と呼ばれていた。城が敵に攻められ夜陰に乗じて城中から姫が乳母と逃げ七ツ釜までたどり着いたが、姫が足を踏み外し七ッ釜に落ちてしまった。葦にすがって這い上がろうとしたところ葦の葉がちぎれ姫は葦の片葉を掴んだまま水底へ沈んだ。この近辺の葦は、姫の恨みによってどれも片葉である。浮島稲荷神社に碑があり、七ツ釜の面影が残っている。
遊女川(よなかわ)の小石供養
芳野村の名主に、およねという美しい娘がいた。城の小姓が城主の鷹狩のお供で村に来た折に一目惚れして、およねを嫁にした。しかし武家に嫁いだことから身分違いで姑に苛められ、川に身を投げてしまった。夫は毎日、川に行き「およねやー」と叫び続けた。川底から「はーい」とおよねの返事があるので夫も川に吸い込まれるように身を投げた。川に石を投じるとおよねの返事があるという。
城中蹄の音
城主・酒井重忠は不思議なことに毎夜、矢叫びや蹄の音に眠りが覚めてしまう。易者が言うには城内のどこかにある戦の絵が災いしている、とのこと。宝物庫を調べたところ堀川夜討の戦いを描いた一双の屏風があった。この屏風を養寿院に寄進したところ、その夜から矢叫びや蹄の音が消えた、という。

その他の謎[編集]

玄関外窓の溝[7]
本丸御殿の外窓は、場所によって敷居鴨居の溝の数が異なる。具体的には、玄関側の外窓は2本溝、玄関側以外では3本溝である。
御殿建築の外窓は、多くの場合、3本溝の敷居・鴨居を使用する。外側に2枚の雨戸板戸)、内側に1枚の障子という構成で、窓に戸袋がなく、雨戸2枚を片側に寄せると障子1枚で開け閉めが可能である。しかし上記のとおり玄関側には溝が2本しかなく、保存修理工事に入る前から疑問視されていた。
後世の改修によって作り替えられたと考えられていたが、解体調査の結果、敷居・鴨居ともに建築当初のものと判明し、謎の解明には至っていない。
現在では、普段は雨戸で閉められ、使用時のみ障子と交換する、という仮説が考えられている。城主が住む本丸御殿の玄関や広間は特別なものであるため、重要な会議や来客時のみ使用されたのでは、という推論に基づくものである。

現地情報[編集]

所在地[編集]

  • 埼玉県川越市郭町2-13-1

交通アクセス[編集]

  • 東武東上線・JR川越線「川越駅東口」および西武新宿線「本川越駅」から東武バス「上尾駅西口行き」、「埼玉医大行き」又は「川越運動公園行き」で約10分「市役所前」下車、徒歩約5分
  • 東武東上線・JR川越線「川越駅西口」及び西武新宿線「本川越駅」からイーグルバス「小江戸巡回バス」で約15分「本丸御殿」下車

2006年、川越城は日本100名城(19番)に選定され、同年6月から全国規模の日本100名城スタンプラリーが開始された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近年発見された図面から、二層の可能性もある。
  2. ^ 櫓の名称は時代によって虎櫓と菱櫓が逆になっているものもある。
  3. ^ “川越城堀跡 市が公園に”,読売新聞,2008年3月6日
  4. ^ KOEDO Net(川越城中ノ門堀跡完成)
  5. ^ 近年発見された図面から、二層の可能性もある
  6. ^ 富士見櫓跡に設置されている埼玉県案内版より
  7. ^ “本丸御殿 溝の謎”『広報川越』No.1251(平成23年7月25日号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]