今村宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今村宮
Imamuragu 01.JPG
参道と随神門
所在地 岡山県岡山市北区今4-3-5
位置 北緯34度38分43.2秒
東経133度53分39.4秒
主祭神 天照大御神、八幡大神、春日大神
社格 県社
創建 天正8年(1580年)
本殿の様式 三間社流造
例祭 春祭(5月17日)
秋祭(10月第2土曜日・日曜日)
新穀感謝祭(11月30日)
テンプレートを表示

今村宮(いまむらぐう)は、岡山県岡山市北区にある神社。祭神は天照大御神八幡大神春日大神の3柱。旧社格は県社。

概要[編集]

岡山市街地西部の今に鎮座する。元々は、建武元年(1334年)に陸奥国白河領主の菖蒲正寿が内山下榎馬場(現在の岡山県庁北側)に天照大御神・八幡大神・春日大神を勧請し、三社明神または三社宮と呼ばれていた。また、現在の今村宮の地には八幡宮があった。

天正8年(1580年宇喜多直家岡山城を拡張し、その際に当神社を現在の地(旧・今野村)に移転し、移転当時は三社八幡宮と呼ばれたが、江戸時代になって今村宮と改められた。

元和9年(1623年)に今日見られる本殿が再建された。この本殿は三間二間桧皮葺の三間社流造り昭和30年(1955年)に岡山県指定重要文化財に指定された。

このように遷座した経緯があるため、現在地と元来鎮座していた岡山市中心部が氏子となっている。古くから岡山市中心部の産土神として崇敬されており、土光敏夫など著名人の奉納銘も見られる。

黒住教の創始者である黒住宗忠は黒住教を始めるまでは、今村宮の禰宜であった。(父も禰宜で黒住宗忠は三男である)

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 21-22ページ