森口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森口駅
森口駅の新駅舎(左)と旧駅舎
森口駅の新駅舎(左)と旧駅舎
もりぐち - Moriguchi
三溝 (1.0km)
(0.9km) 下島
所在地 長野県松本市波田森口4417-25
所属事業者 アルピコ交通
所属路線 上高地線
キロ程 8.6km(松本起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1922年大正11年)5月10日

森口駅(もりぐちえき)は、長野県松本市波田森口にあるアルピコ交通上高地線である[1]

歴史[編集]

  • 1922年大正11年)5月10日 - 開業
  • 少なくも1970年までは、プラットホーム西方で、本線の南北に各1本の引込線があった。製材した木材や木材チップの搬出に活用されていた。1960年代には引込線に木造保線車両が置かれていた
  • 1964年ころまで駅員は複数の社員であった。1965年1966年に委託駅になった
  • 2012年3月24日 - 新駅舎が造られ使用が始まった[2]

駅構造[編集]

  • 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。列車交換は1日3回のみ行われる。ホーム間の移動は構内踏切を利用する。2013年ごろまで線内で唯一警報機が無かった。
  • 委託駅であり、平日の7:20から16:20までは、乗車券の発売と降車客からの集札を行っている[3]
1 新村信濃荒井松本方面
2 波田新島々方面

駅周辺[編集]

  • 住宅と農地がある。周辺には住宅が多いが、徒歩数分で駅南方に畑や水田がある。駅南側に松本大学の寮がある。西北西方向に宮地エンジニアリング(旧宮地鉄工)松本工場が1945年以来操業していたが、2010年3月に規模が大きく縮小された。
  • 駅のすぐ南側から東側にかけて、水量の多い小河川が流れている。これは、波田堰の余水を流すための流末である。
  • 国道158号
  • 三神社
  • JA虹のホールはた
  • 八十二銀行波田支店
  • 大型パチンコ店

森口駅関連の写真画像[編集]

隣の駅[編集]

アルピコ交通
上高地線
三溝駅 - 森口駅 - 下島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地図閲覧サービス(森口駅)”. 国土地理院. 2012年6月2日閲覧。
  2. ^ 「アルピコ交通新村駅が旧駅舎から新駅舎へ」、『鉄道ピクトリアル』第863号、電気車研究会、2012年6月、 98頁。
  3. ^ 営業時間は、松本電気鉄道発行 2009年12月16日改正時刻表による

関連項目[編集]