守口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
守口駅
Moriguchi-Station-201106.jpg
もりぐち - Moriguchi
T11 大日 (1.8km)
(1.2km) 太子橋今市 T13
所在地 大阪府守口市京阪本通2丁目
駅番号  T12 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 谷町線
キロ程 1.8km(大日起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗降人員
-統計年度-
16,136人/日
-2013年-
開業年月日 1977年(昭和52年)4月6日

守口駅(もりぐちえき)は、大阪府守口市京阪本通2丁目にある大阪市営地下鉄谷町線。駅番号はT12

駅構造[編集]

島式1面2線の地下駅である。改札口は1ヶ所のみ。

出入口は大日寄りに1・2号出入口、東梅田寄りに3・4号出入口がある。詳細は外部リンク先を参照のこと。

のりば[編集]

守口駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 谷町線 東梅田谷町四丁目天王寺八尾南方面
2 谷町線 大日行き

特徴[編集]

大日駅の配線の関係上、車庫からの送り出しを兼ねてこの駅始発の文の里行き列車が少ないながらも設定されている。但し、逆パターンの送り込み列車は都島駅からの回送となるため、途中駅となった1983年以降当駅止の旅客列車は事故が生じた時以外はない。但し、『守口』の行き先表示幕は用意されている。

定期券売り場は、2006年(平成18年)12月24日今里筋線開通に伴い、太子橋今市駅に移転された。

車内放送でのアクセントは「りぐち」と、語頭の「も」が高くなっている(頭高型アクセント)。但し近隣の京阪守口市駅のアクセントは「もりぐちし」と「りぐち」が高い(中高型アクセント)。

利用状況[編集]

2013年11月19日の1日乗降人員16,136人(乗車人員:8,019人、降車人員:8,117人)である[1]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1990年(平成02年) 11月06日 8,776 8,899 17,675
1995年(平成07年) [2]02月15日 8,118 8,425 16,543
1998年(平成10年) 11月10日 7,963 8,189 16,152
2007年(平成19年) 11月13日 8,193 8,038 16,231
2008年(平成20年) 11月11日 8,397 8,246 16,643
2009年(平成21年) 11月10日 8,297 8,069 16,366
2010年(平成22年) 11月09日 8,258 8,175 16,433
2011年(平成23年) 11月08日 8,276 8,215 16,491
2012年(平成24年) 11月13日 7,981 7,823 15,804
2013年(平成25年) 11月19日 8,019 8,117 16,136

駅周辺[編集]

公共施設[編集]

  • 守口市役所
  • 大阪府警 守口警察署
  • 守口郵便局
  • 守口市門真市消防組合 守口消防署
  • 守口市教育センター
  • 守口市中央公民館
  • 守口市民会館(さつきホールもりぐち)

学校[編集]

その他[編集]

京阪 守口市駅へは直線距離で260m程。比較的近いため、乗り換えする人も多い。

バス[編集]

最寄り停留所は、地下鉄守口となる。以下の路線が乗り入れ、京阪バスにより運行されている。

  • 1号経路:京阪守口市駅 行 / 寝屋川市駅 行(八番・仁和寺・春日町・寝屋川車庫経由)
  • 2号経路:京阪守口市駅 行 / 仁和寺 行(地下鉄大日南口経由)
  • 3号経路:京阪守口市駅 行 / 寝屋川市駅 行(八番・点野経由)
  • 4号経路:京阪守口市駅 行 / 寝屋川市駅 行(地下鉄大日南口・仁和寺・葛原・寝屋川車庫経由)

歴史[編集]

  • 1977年昭和52年)4月6日 谷町線都島~当駅間延伸時に開業。当初は終着駅であった。
  • 1983年(昭和58年)2月8日 大日までの延伸に伴い中間駅となる。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
谷町線
大日駅 (T11) - 守口駅 (T12) - 太子橋今市駅 (T13)
  • ()内は駅番号を示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 路線別駅別乗降人員 - 大阪市交通局(2013年11月19日調査、2014年4月8日閲覧)
  2. ^ 1996年に行われた調査であるが、会計年度上は1995年度となる。

外部リンク[編集]