福島安正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福島安正
福島安正

福島 安正(ふくしま やすまさ、1852年10月27日嘉永5年9月15日) - 1919年(大正8年)2月19日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将男爵萩野末吉に続く情報将校

経歴[編集]

墓所は東京都港区青山墓地

親族[編集]

  • 妻 福島貞子 高野貞潔(幕臣)の娘
  • 嗣子 福島四郎(陸軍中佐)
  • 二男 福島正一(陸軍少佐)
  • 三男 福島次郎(陸軍中尉、戦死)

伝記[編集]

  • 太田阿山編『福島将軍遺績』東亜協会、1941年。
  • 島貫重節『福島安正と単騎シベリヤ横断』上下、原書房、1979年。
  • 坂井藤雄『シベリア横断 - 福島安正大将伝』葦書房、1992年。
  • 浅野晃『こころの文庫 - 福島安正』全日本家庭教育研究会。月刊ポピーの副読冊子(32p)。振り仮名付きで子ども向け。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第639号、大正3年9月16日。

参考文献[編集]