福島安正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福島安正
福島安正

福島 安正(ふくしま やすまさ、1852年10月27日嘉永5年9月15日) - 1919年(大正8年)2月19日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将男爵萩野末吉に続く情報将校

経歴[編集]

  • 1893年(明治26年)2月、陸軍中佐に進級。
  • 1894年(明治27年)6月、京城公使館付となる。同年8月、第一軍参謀として日清戦争に出征。
  • 1895年(明治28年)3月、陸軍大佐に昇進。同年9月、参謀本部編纂課長となり、欧州・アジア旅行、参謀本部第3部長、同第2部長を歴任。
  • 1900年(明治33年)4月、陸軍少将に進級し西部都督部参謀長を兼務。
  • 義和団事件では義和団鎮圧の為、1900年6月、臨時派遣隊司令官として派遣された。同年9月から翌年6月まで、北清連合軍総司令官幕僚として作戦会議で司会を務め、英、独、仏、露、北京官語を駆使して調停役となる。
  • 1902年(明治35年)5月から11月までイギリスに出張。
  • 1904年(明治37年)2月、大本営参謀に就任し、同年6月から日露戦争では満州軍総司令部参謀として、それまでの経験を活かして諜報部において手腕を振るう。特に、満州馬賊を率いて戦った「遼西特別任務班」、「満州義軍」の総指揮を行ったことは、一般にあまり知られていない。
  • 戦後の1906年(明治39年)4月、参謀本部次長に就任し、同年7月、陸軍中将に進級。
  • 1907年(明治40年)9月、軍功により男爵を叙爵し華族となる。
  • 1908年(明治41年)12月、参謀次長(名称変更)に発令され、1912年(明治45年)4月に関東都督に就任。
  • 1914年(大正3年)9月15日、陸軍大将に進級と同時に後備役となり[1]、同年11月、帝国在郷軍人会副会長に就任。最晩年には「剛健主義」を掲げ全国騎馬旅行などをして過ごす。
  • 1919年(大正8年)、東京市高田村(現、豊島区雑司が谷附近)の自宅で死去。67歳。

墓所は東京都港区青山墓地

親族[編集]

  • 妻 福島貞子 高野貞潔(幕臣)の娘
  • 嗣子 福島四郎(陸軍中佐)
  • 二男 福島正一(陸軍少佐)
  • 三男 福島次郎(陸軍中尉、戦死)

伝記[編集]

  • 太田阿山編『福島将軍遺績』東亜協会、1941年。
  • 島貫重節『福島安正と単騎シベリヤ横断』上下、原書房、1979年。
  • 坂井藤雄『シベリア横断 - 福島安正大将伝』葦書房、1992年。
  • 浅野晃『こころの文庫 - 福島安正』全日本家庭教育研究会。月刊ポピーの副読冊子(32p)。振り仮名付きで子ども向け。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第639号、大正3年9月16日。

参考文献[編集]