安曇村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あづみむら
安曇村
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
安曇村四賀村奈川村梓川村松本市
現在の自治体 松本市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 長野県
南安曇郡
団体コード 20464-1
面積 401.50km²
(境界未定部分あり)
総人口 2,474
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 大町市穂高町堀金村
三郷村梓川村奈川村
波田町高山市
村の木 シラカバ
村の花 ミズバショウ
村の鳥
村の獣
ライチョウ
カモシカ
安曇村役場
所在地 617-0404
長野県南安曇郡安曇村(島々)1061番1号
松本市役所安曇支所(旧・安曇村役場)
座標 北緯36度10分58.3秒
東経137度47分5.7秒
安曇村の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

安曇村(あづみむら)は、長野県の中部(中信地方南安曇郡にあった

北アルプス南部の観光地である。2005年4月1日に安曇村を含む松本市周辺4町村が松本市に合併し、松本市安曇となった。なお、旧村域には市町村の合併の特例に関する法律(合併特例法)に基づく地域自治区2015年3月31日を期限として設置された。

2004年には村内の白骨温泉において共同野天風呂等への入浴剤混入が発覚、それに伴い当時の村長が辞任した。以後全国の温泉地で不祥事が次々と発覚し、その発端として話題を呼んだ。

地理[編集]

隣接している自治体[編集]

(廃止時点)

行政[編集]

  • 廃止時の村長:上松正文(2004年9月5日就任)
    • 前村長が温泉問題で引責辞任したことを受けて出馬・当選。

歴史[編集]

姉妹都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

地区町会[編集]

地区町会は次の9つがある(2014年現在、かっこ内は2014年4月1日の人口。松本市ホームページによる)。

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

筑摩鉄道(現:アルピコ交通)は、1922年に、安曇村大野田地区に隣接する東筑摩郡波田町の前渕地区においた島々駅までの松本電気鉄道上高地線を開通させた。島々駅から大野田までは徒歩圏内だった。しかし1966年に、上高地を中心とする観光客の増加に対応したバスターミナルを増強するには、同駅前は狭隘だったことから、無人駅だった赤松駅前にバスターミナルを設置し新島々駅と改称した。このため島々駅は無人駅となり利用客が急減した。1983年9月28日新島々 - 島々間が台風被害を受けて運行停止、1985年1月1日に廃止となった。

村内数箇所に以下の森林軌道が存在したが、1960年代までにすべて廃止された。

  • 梓川島々谷森林軌道(島々地区)
  • 前川森林軌道(大野川地区)
  • 前川池ノ沢森林軌道(大野川地区)

道路[編集]

高速道路

一般国道

都道府県道

道の駅

名所・旧跡[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『安曇村誌 第2巻歴史上』666ページ、『安曇村誌 第3巻歴史下』16ページ

関連項目[編集]