道の駅風穴の里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
20021 風穴の里
本館
道路名 国道158号
登録 第14回・1998年4月17日
開駅 不明
営業時間 9:00 - 17:00
所在地 〒390-1504  長野県
松本市安曇稲核3528番地1
北緯36度9分12秒東経137度45分7.1秒座標: 北緯36度9分12秒 東経137度45分7.1秒
外部リンク 松本市ホームページ
国土交通省案内ページ
別館

道の駅風穴の里(みちのえき ふうけつのさと)は、長野県松本市にある道の駅である。

道路[編集]

施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:32台
    • 大型車:10台
    • 身障者用:2台
  • トイレ
    • 男:大 5器(2器)、小 11器(7器)
    • 女:19器(14器)
    • 身障者用:2器(1器)
    ※()内は、24時間利用可能
  • 公衆電話
  • 物産品販売所(9:00 - 17:00)
  • 情報コーナー
  • 風穴
  • 食堂(9:00 - 16:00)

休館日[編集]

  • 毎週木曜日(11月中旬 - 4月中旬)

名前の由来[編集]

  • 北アルプスの地下水から起こる冷風がガラ場を通過して地上に出る所(風穴)がこの地区には多く存在する。明治時代は天然の冷蔵庫として蚕種(蚕卵)の貯蔵庫として全国各地より委託を受けていた。

周辺[編集]

公共交通でのアクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]