デマンドバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デマンドバスは、デマンド対応型交通方式のバスを指す。日本ではしばしばオンデマンドバスと呼称し、利用者の要求に対応して運行する形態のバスである。形態は多様であるが、大きくは以下の三種類が見られる。[要検証 ]

  1. 迂回型バス路線バスの運行形態の一種であり、広義ではオンデマンドバスと称する場合もある。条件に応じて基本路線の外の迂回路線を経由する。これはバスの運行を管理する者に対し、利用者が通信手段(電話ファックス、専用端末インターネットなど)により利用者要求の手続きを行うと、バスに情報が伝えられ希望する停留所まで迂回する。利用者要求が無い場合には迂回路線を経由せずに運行する。
  2. エリア型バス路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じて、希望乗車点へ迎えに行く形の経路で運行する形態のバスである。通常は複数の利用者を乗せるので、乗合型の利用形態となり、どの利用者にも著しい不便を与えることのない経路を選定して運行する。この運行形態を、フルデマンド方式と称する場合がある。
  3. 制約つきエリア型バス路線バスの形態とは異なり、狭義のオンデマンドバスである。電話等による(複数の)利用者の希望乗降点(バス停名若しくは拠点施設)及び乗降車時刻の要求に応じるが、ルートや時刻に制約があり、例えば1時間に1便、上り下りの方向性が決まっているなど、希望乗車点へ迎えに行く際に一定の前提条件がつく経路で運行する形態のバスである。利用者の需要が集約され、より多くの利用者が乗り合いやすくなる特性がある。 この運行形態を、セミデマンド方式と称する場合がある。

[要検証 ]

概要[編集]

日本では1972年阪急バス大阪府能勢町とその周辺の路線を対象に初めて導入した(後、1997年10月に廃止)。[要出典]

利用者のいない停留所をパスできることから運行の効率化に結びつく利点があるが、目的地までの所要時間が利用日によって異なる、利用者からすると乗ってみるまで目的地到着時間が分からないという欠点がある。また、事前にバス迂回運行を申し込むシステムでは、予約の連絡に必要な施設や場合によってはオペレーターの人件費が掛かるため、一般の路線バスに比べて運行経費は高くなると考えられる。[要出典]

デマンド方式による公共交通機関の運行は、過疎地をかかえる地方自治体などで注目されている。この場合、バスでなく(デマンド対応型の)乗合タクシーなどとして導入されることが多く、これらを総称してデマンド対応型交通と呼ぶことがある。[要出典]

また、アクセスバスを走らせるほどの需要がない都市と空港を結ぶアクセス手段として用いられる例も多い。[要出典]

日本の例[編集]

北海道[編集]

  • 沿岸バス
    • 豊富留萌線の温浴施設の「岬センター」と「てしお温泉夕映」に設定。帰りは施設フロントに予約するとバスが乗り入れる。
    • 遠別営業所所管の上遠別線及び清川線の全線に設定。予約受付は遠別営業所で前日17時まで行っている。


東北地方[編集]

青森県

  • 弘南バス
    • 黒石〜温川線平川市切明地区) 2001年12月より
      • 切明地区から乗車する際は、前日夜までに集落の世話役を通じて担当営業所へ電話予約することにより、切明経由で迂回運行する。なお、切明地区で降車する場合は乗車時に乗務員に申告する。予約のための配車機器を設置せず、配車コストを抑制している。

福島県

  • おだかe-まちタクシー(福島県商工会連合会小高町)
    • 2001年6月1日より運行を開始した、福島大学経済経営学類教授である奥山修司と、NTT東日本日本ラッドが連携し実現したドアtoドアを初めて可能とするシステム化されたデマンドバス。現在同システムは全国で55自治体に展開されており[1]、ICTを活用したデマンド交通としては日本最大のシェアを誇る。(2011年6月現在)
  • 西会津町民バス
    • 2012年4月1日より。


関東地方[編集]

群馬県

栃木県

茨城県

埼玉県

  • イーグルバス
  • 深谷市コミュニティバス「くるリン」
    • 2010年4月1日より、需要の少ない郊外地域の循環6路線を予約制のタクシー車両運行に転換。深谷タクシーに委託。
  • 川越市デマンド交通「ときも号」
    • 2013年、2014年に市内3エリアの路線バスの代替として実証運行を行っている。市内タクシー事業者が合同で、予約受付、配車指示等を行っている。2014年度の実証運行からはICT(コガソフトウェア株式会社孝行デマンドバス」)を活用し、移動サービスを展開している。

神奈川県

千葉県

かつてデマンド交通方式で運行されていたバス・乗合タクシー

中部地方[編集]

新潟県

富山県

石川県

福井県

岐阜県

静岡県

三重県

  • 玉城町元気バス
    • 2008年11月4日から東京大学が開発した「乗り合い型交通システム コンビニクル」を採用し、共同で実証実験を開始。
    • 玉城町から運行・管理・運営を玉城町社会福祉協議会へ委託。(平成25年度事業費 1,900万円)
    • 運行エリアは町内で、利用は町民に限る。利用者は事前に会員登録が必要となり、氏名・住所・連絡先の他、身体的の状態など生活機能面も登録される。(このデータが、「ICTを利活用した安心・元気な町づくり事業」による外出支援、見守りにも活用される)
    • 運用時間は、9時〜17時で、年末年始以外運行。町内を3台の9人乗りワゴン車が走る。予約受付は30分前から2週間先まで予約可能。予約方法は電話での予約以外に、インターネット、ケータイ、スマートフォン(独自開発)、タッチパネル(43カ所設置)からもできる。利用料は無料。

かつてデマンド交通方式で運行されていたバス・乗合タクシー

近畿地方[編集]

大阪府

京都府

  • 京丹後市営バス
    • 豊栄竹野線、宇川線
      • 2014年7月14日より実証運行を開始。同市のNPO法人気張る!ふるさと丹後町が予約と運行業務を受託。

兵庫県

  • 朝来市コミュニティバス「アコバス」(神姫グリーンバスが予約・運行業務を受託)
    • 11路線中の2路線(朝来市生野町内を走るコース)について、事前に電話で予約することにより、最寄の停留所へ行く方法を取っている(予約がない場合には運行されない)。これにより、細かなルート設定ができ、便数を増やせる上、全地区に停留所を置けるメリットがある。(2007年1月より運行開始)
  • 南あわじ市コミュニティバス「らん・らんバス」(南あわじ観光タクシーが予約・運行業務を受託)
    • 倭文地区とその周辺地域を運行する2路線(西回り基軸ルート・東回り基軸ルート)で導入。予約・乗車には予め利用登録申込書の提出が必要で、1日最大5便運行、木曜日・日曜日・祝日・年末年始は運休。(2013年4月より運行開始)

滋賀県

奈良県

  • 東吉野村コミュニティバス「ふるさと号」(相互タクシーが予約・運行業務を受託)
    • 平日一部の停留所で乗車する場合や土休日の全便。

かつてデマンド交通方式で運行されていたバス・乗合タクシー

  • 阪急バス
    • 日本で初めてデマンドバスを、過疎地域型・都市(住宅地)型ともに本格的に導入した事業者。当時はかなり先進的なシステムとして注目され、2000年以前は運輸関係を中心に多くの雑誌に取り上げられた。
      • 大阪府能勢町(能勢デマンドバス)、日本初(1972年〜1997年)。
      • 大阪府箕面市阪急間谷住宅(間谷ミディバス・コールモービルシステム) 1975年5月10日より。現在は一般路線化。
  • 西日本JRバス福知山営業所
    • 2007年3月1日より一部ルートで導入。2012年4月1日より一部ルート廃止・定期運行化。同社では「オンデマンドバス」と称した。
  • 奈良交通

中国地方[編集]

鳥取県

岡山県

  • 真庭市コミュニティバス
    • 22系統(八束ルート)
    • 23系統(川上ルート)
    • 28系統(西河内ルート)
    • 30-2系統(振興局・湯原ルート(コミュニティバス))
    • 33系統(福谷・寺河内ルート)
    • 34系統(二ノ氏ルート)
  • 瀬戸内市デマンドバス「モーモーバス」(瀬戸内市牛窓地域)
    • 2012年7月1日から2014年3月まで実証運行。自宅から目的地までのドアトゥドアで送迎する。
    • 運行事業者は東備バス株式会社で、瀬戸内市の指定管理者として、バスの運行、管理、運営を行う。
    • 利用者は事前に利用登録し、予約を行うことでバスに乗車できる。運行時間は8時〜16時。予約は1ヶ月前から当日30分前まで受付可能。1日に何回乗っても300円。9人乗りワゴンタイプ2台で運行。車両には手摺やステップを改造したものを使用し、高齢者の乗り降りに配慮している。予約時は希望する出発時刻か到着時刻を指定できるため、路線バスとの乗り入れも容易に行える。瀬戸内市商工会との連携により、モーモーバス利用者は商店等で割引サービスが受けられ、地域活性化も図る。
    • ICT(コガソフトウェア株式会社孝行デマンドバス」)を活用し、地域ニーズに即した生活交通ネットワークの構築を積極的に展開している。
  • 玉野市デマンドタクシー「シータク

山口県

  • 福岡空港アクセス便
    • 山口市・宇部市内〜福岡空港(山口第一交通)


四国地方[編集]

高知県

九州地方[編集]

朝倉市あいのりタクシー(甘木観光バス)

福岡県

佐賀県

  • 有明佐賀空港リムジンタクシー
    • 佐賀県内各地、福岡県筑後地方発着で運行。

大分県


その他[編集]

  • コンビニクル東京大学発オンデマンドバスサービス)
    • 東京大学が開発したデマンドバスサービス。柏市堺市(堺市は実験終了)・北杜市などで実証実験を行っている。WebをベースとしたASPサービスとしてオンデマンドバスを提供する。

脚注[編集]

  1. ^ 全国デマンド交通システム導入機関連絡協議会
  2. ^ 清水プラント3を拠点とするバス路線再編社会実験について - 福井市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]