マルシュルートカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウクライナキエフ国立キエフ大学前を走るマルシュルートカ

マルシュルートカロシア語: маршрутка)は、ロシアウクライナバルト三国など、もとソ連圏諸国でよく見られる、乗合タクシーに似た小型の乗合バスである。ルートと値段があらかじめ決められており、公営の路線バスより高速で本数や路線数も多いが、料金が割高な場合が一般的である。1930年代モスクワで始まり、戦時中の車両不足で途絶えたこともあるが、20世紀後半に全盛期を迎え、いまでも大都市で近郊電車やバスの連絡がない観光地への運搬に、広く使われている。

ロシア語名称は「マルシュルートノエ・タクシー」(маршрутное такси)から来ていて、「行程(があらかじめ決められた)タクシー」という意味である。ロシア語の「マルシュルート」(男性名詞:「行程」)、「マルシュルートノエ」(形容詞中性形)は、もともとフランス語の「マルシュルート」(marcheroute)から来たといわれていて、マルシュ(marche)は行進で、ルート(route)は行程である。

参照項目[編集]