相乗り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
菱形の標示のある車線がHOV専用車線(アメリカの州間高速道路)。州によってはハイブリッド車ならば1人乗りでも通行可能とする特例がある。

相乗り(あいのり、: Carpoolカープール)とは、一台の乗り物に複数人数が一緒に乗り合わせることをいう。通常は、近所の人など、他人同士が一台の乗り物に乗ることを指し、家族や同居人などが一台の乗り物に乗る場合や、路線バスなど、業として複数の人間を運送する場合は含まない。

また、相乗りといった場合、通常は自家用の四輪自動車に同乗することをイメージするが、東南アジアではバイク(特にスーパーカブ等の原動機付自転車)の相乗りも一般的に行われている。

優遇策[編集]

日本以外の国では、交通渋滞緩和や環境対策などの目的で、相乗り等で運転手以外に一定数以上の乗員がいると通行料金が無料になったり、専用(優先)車線を通行できるなどの優遇策がとられている国もある。米国では、一定数以上の乗員のいる乗用車はHOV(High-occupancy vehicle)と呼ばれ、その専用車線はHOVレーンHigh-occupancy vehicle lane)と呼ばれる。

日本でも、相乗りに対する優遇策の導入を唱える者がいるが、定期点検などの整備や交通事故が発生したときの責任の所在の問題があり、積極的な導入は現実的でないとされている。

カーシェアリング[編集]

欧州を中心に、自家用車の所有や使用を中止するため、あるいはセカンドカーの購入を控えるために会員制で自動車を共用する制度として、カーシェアリングが導入されている。この場合は必ずしも複数人数が搭乗するわけではないが、走行台数を抑制する点では類似効果が期待される。

タクシーの「相乗り」[編集]

路線バス乗合タクシーは乗合自動車を業として行っているため、通常、相乗りとはいわない。ただし、乗合タクシーではない通常のタクシーで、タクシー待ちをしている乗客それぞれが、自分たちの意志により申し合わせて同乗する場合は、相乗りと呼ぶ。この際、メーター料金は乗客が割り勘で支払う。また、韓国の一般タクシーでは、乗客を乗せて走行中でも、運転手の判断で道路でタクシー待ちをしている乗客を拾い、相乗りが行われる場合がある(なお、韓国では相乗りは禁じられている)。相乗りした乗客は、降車時のメーター料金から、乗車時のメーター料金を差し引き、その差額に初乗り基本運賃を加算して支払うのが一般的である。

なお、日本では、通常のタクシーが運転手の主導により不特定多数の乗客を一度に乗せること(乗合行為)は、道路運送法により禁じられている。よって、見ず知らずの乗客でも客が申し合わせて相乗りした場合は合法である。

関連項目[編集]