小林宏之 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林 宏之 Football pictogram.svg
名前
愛称 コバ
カタカナ コバヤシ ヒロユキ
ラテン文字 KOBAYASHI Hiroyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1980年4月18日(34歳)
出身地 北海道札幌市
身長 180cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 左足
ユース
静岡市立清水商業高等学校
筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 浦和レッズ 4 (0)
2005 川崎フロンターレ 0 (0)
2006 横浜FC 16 (0)
2007 フェルヴォローザ石川・白山 13 (1)
2007 TDK SC 8 (0)
2008-2010 大分トリニータ 41 (0)
2011-2012 ブラウブリッツ秋田 42 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月31日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

小林 宏之(こばやし ひろゆき、1980年4月18日 - )は、北海道出身の元プロサッカー選手。ポジションはセンターバック

来歴[編集]

2001年ユニバーシアード日本代表として、1995年に続く2度目の学生世界一に輝く。なお、1996年U-16アジアユース選手権のメンバーでもあった。2003年浦和レッドダイヤモンズ に入団し、その年は開幕から当時のハンス・オフト監督に出番を与えられた。その後は浦和時代にはチームがセンターバックに2人の外国人選手を起用する等の層の厚さに苦しみ試合出場が果たせず、故障などもあり伸び悩んだ。その後川崎フロンターレ横浜FCなどにも在籍。

2007年7月大分トリニータの練習に参加した際ペリクレス・シャムスカ監督の眼に留まり、2007シーズンオフにJFLに所属するTDK SCから大分に完全移籍。

2011年、以前所属していたTDK SCからクラブチーム化したブラウブリッツ秋田に再加入。

高校、大学、ユニバーシアード、浦和と同じチームであった一つ上の先輩の平川忠亮を慕っている。

2012年をもって現役を引退。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1999 筑波大 24 - - - 1 0 1 0
2002 4 - - 1 0 1 0
2003 浦和 27 J1 3 0 3 0 0 0 6 0
2004 22 1 0 0 0 0 0 1 0
2005 川崎 15 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 横浜FC 19 J2 16 0 - 1 0 17 0
2007 石川・白山 5 北信越1部 13 1 - - 13 1
2007 TDK 29 JFL 8 0 - 4 0 12 0
2008 大分 25 J1 13 0 8 1 1 0 22 1
2009 14 0 2 0 0 0 16 0
2010 J2 14 0 - 0 0 14 0
2011 秋田 2 JFL 28 0 - 2 0 30 0
2012 5 14 0 - 0 0 14 0
通算 日本 J1 31 0 13 1 1 0 45 1
日本 J2 30 0 - 1 0 31 0
日本 JFL 50 0 - 6 0 56 0
日本 北信越1部 13 1 - 0 0 13 1
日本 - - 2 0 2 0
総通算 124 1 13 1 10 0 147 2

出場大会[編集]

  • 日本代表
    • 1996年 - U-16アジアユース選手権 (4位)
    • 2001年 - ユニバーシアード北京大会 (優勝)

関連項目[編集]