江戸川区陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸川区陸上競技場
江戸川区陸上競技場
施設情報
所在地 東京都江戸川区清新町2丁目1−1
位置 北緯35度39分18.62秒
東経139度51分8.76秒
座標: 北緯35度39分18.62秒 東経139度51分8.76秒
開場 1984年6月
所有者 江戸川区
運用者 株式会社オーエンス
グラウンド 天然芝
照明 照明塔4基
大型映像装置 なし。簡易電光表示板1基
使用チーム、大会
日本フットボールリーグ
関東大学リーグ
収容能力
メインスタンド2,200人+バックスタンド2,750人+両ゴール裏芝生席2,000人
アクセス
下記参照

江戸川区陸上競技場(えどがわくりくじょうきょうぎじょう)は、東京都江戸川区清新町にある区立の陸上競技場である。施設は江戸川区が所有し、株式会社オーエンス[1]指定管理者として運営管理を行っている。

沿革[編集]

Jリーグ発足準備時には、三菱自動車工業サッカー部(現浦和レッドダイヤモンズ)が本施設を改築の上で本拠地とする構想があったが、スタジアムの施設スペース上の問題からスタンド増設が出来ず、Jリーグ側の設定する収容人員を確保できないため断念された。

日本フットボールリーグでは、江東区猿江に練習場・クラブ施設をおいていた東京ガスサッカー部がホームゲームを開催していた。1999年、東京ガスサッカー部がFC東京としてプロ化して、Jリーグ ディビジョン2 (J2)へ参加した際も、調布市東京スタジアム(現:味の素スタジアム)がまだ建設中だったことから西が丘駒沢とともに暫定的なホームスタジアムとして使用された(2000年Jリーグカップ(ヤマザキナビスコ杯)でも使用)。1999年のJリーグカップでは、7月24日に開催された準々決勝の第2戦でFC東京と横浜F・マリノスが江戸川で対戦し[1]、観戦チケットは前売りで完売となり、観客数は5208人を記録した。

現状[編集]

施設概要[編集]

  • 収容人員 6,950人(メイン(2,200人)とバックスタンド(2,750人)は座席、ゴール裏(2,000人)は芝生席)
  • ナイター照明設備4基(鉄塔式)
  • 日本陸上競技連盟第2種公認
  • トラック 全天候型400m×8レーン、3,000m障害コース等
  • 中央に天然芝フィールド(105×70m、サッカーやラクロス、ラグビーの公式戦が開催可能)
  • 得点掲示板(2007年まではパネル式だったが、2008年に電光掲示板に変更)

アクセス[編集]

周辺のスポーツ施設[編集]

フォトギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ F・マリノスが2-0で勝利したが、第1戦との合計スコアで3-2としたFC東京が準決勝へ進出。
  2. ^ 1993年の第4回が駒沢、2008年の第19回が大阪市長居陸上競技場を使用した以外は、2012年までの23回中21回が江戸川区陸上競技場で開催されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]